2019/05/11 0

皇居ランナーって何人くらいいるの?

皇居ランナーってどれくらいいるの?

 

ちょっと早く起きた朝や暇な時は、運動がてら近所をお散歩して回ることがあるんですが、朝早くからハイペースでジョギングする人たちがたくさんいることにビックリさせられます。

 

世の中では「健康増進法」もあってか運動が奨励されていて、東京マラソンをはじめとしてマラソンの新しい国際大会も誕生していますね。テレビでよく中継される皇居の周りも、多くのランナーが走っていますよね。なんでも皇居は市民ランナーにとても人気のあるランニングコースらしく、出張で日本を訪れている外国人ビジネスマンや観光客なども皇居の周りを走っているそうですよ。

 

それにしても一体どれくらいの人たちが皇居の周りを走っているんでしょうか? ちょっと気になったので調べてみることにしました。

 

平日だと最もたくさんの人たちが走っている時間帯は18:00~21:00で、約4,000人のランナーが走っているそうです。オフィス街という場所柄、仕事終わりのビジネスマンやOLさんたちが主な層で、年齢も30代~50代が多いみたい。休日ともなれば時間帯は7:00~18:00の間に広がり、約8,000人の人たちが皇居の周りを走っているそうです。年間では延べ約150万人のランナーが走っているということになるんですって。すごい数ですよね。

 

皇居ランナーが増えた背景としては、
・皇居の周囲が5kmとなっていて走った距離を計算しやすいこと
・信号もなく高低差も少ないので走りやすいコースだということ
・緑が多く、景観もよいため走っていて気持ちが良いこと

 

などが挙げられるそうです。

 

これだけの人数のランナーがいるので、皇居ランナー向けの施設も周辺には多く、「ランニングステーション(もしくはランナーズステーション)」と呼ばれ、有料でさまざまなサービスを受けられるんです。

 

スポーツグッズメーカーのadidas(アディダス)をはじめ、リラクゼーション専門店のRaffine(ラフィネ)など有名企業が運営するランニングステーションも。ロッカーやシャワーの利用だけでなく、ランニングウエアやランニングシューズ、タオル類、タイムを計るための時計などのレンタル、ランニング専門のスタッフによるアドバイスやインストラクターのトレーニングなど、サービス内容はビックリするほど充実しています。ラウンジスペースでランナー同士の交流もできるので、サークルやイベント参加など、活動を広げていく機会も多いようです。

 

ランニング(いまはジョギングって言葉は流行らないのかしらね)は1人で黙々と走りこむ孤独なスポーツって思っていましたけど、最近の事情はだいぶ違ってきているようです。老若男女に人気があるのがよくわかりました!

 

■こちらの記事もおすすめ

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:千代田区 皇居周辺地域委員会

   adidas

   Raffine

 

皇居ランナーの年収って、平均よりかなり高いらしいわ
皇居ランナーの年収って、平均よりかなり高いらしいわ

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ