アイデア次第で希望は叶う!

私の仕事は、結婚式の披露宴の司会でした(6)

MCイルカ
2019/01/15 1037

専業主婦が憧れていたブライダル司会者へ道を切り開く。20年間、現役のブライダル司会者として仕事をし続けてきた過去や、これからのことを語ります。今回は思い出深いオリジナルウエディングについてです。

湯島天神
湯島天神
【目次】
  1. 思い出深いオリジナルウエディング
  2. オリジナルウエディングの進め方
  3. アイデア次第で希望は叶う! 数々の提案

思い出深いオリジナルウエディング

結婚式の披露宴の司会を25年間で、約2,500組担当させていただきました。披露宴の司会もベテランになると、雑誌やSNSで直接お客様から問い合わせや依頼がくることがあり、披露宴の司会だけではなく、結婚式・披露宴のプランニングも手がける場合があります。

最近、オリジナルウエディングという言葉を耳にすることも多くなってきたと思いますが、今回は、思い出深いオリジナルウエディングについてお話してみたいと思います。

ある美容師さんの結婚式です。彼女の希望は3つ。

1.お母様も美容師なので、お母様の着付けで白無垢・色打掛を用意したい。

2.ホテル、結婚式場の神殿ではなく、神社で結婚式をしたい。

3.普段は行けないような所で、親族を和食でおもてなししたい。 

これだけ聞くと一般的な結婚式と思うことでしょう、でも実は大変なのです。

まずほとんどのホテル、結婚式場もお嫁さんの衣装・白無垢・色打掛のお持ち込み、そして、着付けの持ち込み、この両方をOKしてくれる所はなかなかないと思います。

また、ホテル・結婚式場の神殿を使わず町の神社で結婚式をするとなると、移動を含め 数々の決め事をクリアしなくてはならず、そのうえ神社と提携しているホテル、結婚式場は少なく、仮に提携があったとしても、金額はかなりプラスされることが予想されます。

現に私が担当させていただいた方も、希望する神社と提携しているホテル数件に見学にいったところ、あまりの金額の高さにびっくりしてしまったようです。実際に見積もりを見せてもらいましたが、40人の結婚式・食事会で200万円を超えていました。通常、見積もりの2~3割増えることが一般的ではありますが、最初の段階で、これは高いな! と思いました。そんなことがあり、私が担当させていただく運びとなったのです。

オリジナルウエディングの進め方

まず、どこの神社で結婚式を挙げたいか、そこからです。

当日、残念ですが雨も想定しなければなりません。雨でもぬれにくく式の写真も撮影できる神社、時期的にも良いと考えられる所……このような観点から、数件の神社を提案しました。

ご家族で相談の結果、春の梅の時期もふまえ、梅で有名な湯島天神となりました。天神様から移動が可能で、ご親族のみなさまの交通の便も良く、普段いけないような和食のお店、両方の日時が合う日を取っていく。こんな形で進めていきます。

湯島天神と梅
湯島天神と梅

 

披露宴会場は、浅草の一流料亭「瓢庵」を提案してみました。料亭というと敷居が高く、なかなか普段訪れることも少ないと思います。テレビなどでもよく紹介されているので、ご親族の方も喜ばれるのではないかと思いました。ご親族の世代なら浅草参りもでき、スカイツリーも見られる。お帰りも駅から近い。こんなことを踏まえての提案です。

見学に行くとご両親もとても喜び、即決定。その際の条件として料亭のマイクロバスで当日、神社の送迎をお願いできないかと頼んだところOKもいただけました。そして料亭でお母様の選ばれた和装に身支度をして、マイクロバスで天神様に出発。天神様で結婚式を行い、ご親族みなさまとともに、マイクロバスで料亭に向かい、披露宴へ-これが当日のおおまかな柱です。

アイデア次第で希望は叶う! 数々の提案

料亭と言えばお座敷ですが、ご親族の世代を考え、お座敷に椅子・テ-ブルで足やひざを気にせず、懐石料理を楽しんでいただくことにしました。

浅草と言えば“粋な街”、そしてさすが……料亭! 器もすてきなものばかりでした。江戸切子のグラスをみつけました。天神様は梅で有名、江戸切子のグラスで梅酒での乾杯はどうでしょう?

和装で結婚式です。ウエディングケ-キ入刀ではなく、江戸の和菓子で有名な「とらや」のお饅頭を入刀したらいかがでしょう?

ご親族のおじさま、おばさまのご健康を願って、獅子舞に頭を噛んでもらうのはどうでしょう?

どれも「金額が高いのでは?」と思われたことでしょう。ネタばらしをしますと、もともと食前酒に梅酒のサ-ビスがありました。梅の時期というとまだ肌寒い時期、また日本の良い伝統の結婚式をご希望でしたので、体を温めることもふまえ桜茶を料亭到着後に出していただきました。そして食前酒の梅酒のサ-ビスを乾杯用に出してもらったのです。

ちなみに桜茶はス-パーで、ひとビン数百円で売っています。披露宴の乾杯の際につかうシャンパンはとても高いです。この節約を、粋に生まれ変わらせました。お饅頭入刀は デザ-トのお茶菓子を切り分けないで、そのまま持ってきてもらいました。そして獅子舞は伝統保存会にお願いをしました。

江戸切子のグラスで乾杯
江戸切子のグラスで乾杯
子もち饅頭に入刀
子もち饅頭に入刀
獅子舞
獅子舞

 

つまり、満足いただけるオリジナルウエディングを叶えるには、提案力次第ということでしょうか?

お金をかけたらきりがありません。お客様のご予算の中で、いやご予算よりかなりおさえていかにオリジナルあふれる良い提案を出せるかも、私の仕事なのです。

子どもの頃から通ってきた教会で結婚式をしたい。同じ大学で出合った二人、学校の礼拝堂で仲間に囲まれて結婚式をしたい。等の想い出の場所で結婚式はできるのです。

お母様ががんで長年入院されていましたが、ひと目、花嫁姿を見せたい。こんなせつないオリジナルウエディングがありました。次回お話してみたいと思います。 

次回:私の仕事は結婚式の披露宴の司会でした(忘れえぬ式)

 

MCイルカ

東京都 /59歳
東京都 /59歳

下町生まれ下町育ち、チャキチャキの江戸っ子。どこへ行っても歌手のイルカさんにそっくりと言われMCイルカの名で披露宴の司会をしていました。現在は人材の育成やマナーの仕事等をしています。また40年間キティちゃんが大好き、キティラーです。司会者になるまでの道のりや日常マナー、キティグッズ等を紹介します。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ