40年ぶりに再会。不思議なご縁

私を育ててくれた会社の先輩

公開日:2018/11/28

3

会社で慕っていた二人の先輩。退社から40年たったにもかかわらず、思わぬ再会を果たしまた交流が始まる―不思議な縁と、二人の先輩が与えてくれたことを語ります。

イメージ
※イメージ

慈愛のまなざしで見守ってくれるNさん

私は1970(昭和45)年に、ある大手写真関係の会社に入社しました。配属は特許部になりました。ビルの13階にあり、その階の反対側が総務部でした。その総務部にいらした素敵な女性がNさんです。

Nさんは長い髪を一つに結い上げ、タイトスカ-トの似合う凛とした方でした。みなさんに生き字引といわれるくらい博識でした。

Nさんとは同じフロア-なので、共同の台所でお会いしたりするお付き合いでしたが、いつも優しく声をかけてくださいました。写真関係の会社なので、私が同期の友人と3人で頬を寄せ合って、天真爛漫に笑っている写真が玄関に飾られました。それをNさんは、「ほんとにかわいい! いい写真ね」と笑っていました。いつも優しい慈愛のまなざしで見守られていました。

 

Nさんと仲良しのMさん

Mさんは私が配属された特許部で公私共に導いてくださった方です。Mさんは皆さんに愛され慕われ尊敬されていた素敵な女性です。Mさんの元で私の会社生活は始まります。Mさんと思い出もたくさんあります。おいおいお話します。

NさんとMさんは仲良くてお昼休みはいつもご一緒でした。お二人は始業前に毎朝洗

面所の鏡と洗面台をクレンザ-で磨いてくれていました。楽しそうな会話とピカピカ

の洗面台を見るといいことをなさっているな、と思いました。

Mさんが休みの時は私が手伝いました。鏡と洗面台を磨き、さあ、今日の仕事を始めましょう! という気分がいつもと違います。洗面台磨き=自分磨きかもと、うっすら感じる18歳でした。

40年ぶりのNさんとの再会!

わたしはその会社を5年で寿退社しました。その後、Nさんとは年賀状のやりとりぐらいでした。2009(平成21)年頃と思います。Mさんから、「どうもNさんは、洋子さんの家の近くのケアホームにいるようよ」と聞きました。

さっそく調べたら我が家から車で10分ぐらいのところ、しかも私が毎朝通勤で利用している道すがらにあるケアホ-ムでした。そして、40年ぶりにNさんと再会できたのです。

Nさんはやや腰が曲がっていましたが、40年前と同じ優しい慈愛に満ちたまなざしは変わっていません。まさに赤い糸に導かれての再会でした。この時のNさんは80歳ぐらいだったと思います。そして、それから月に1度ぐらい会うようになりました。

私とNさん、Mさんも交えてのその後、10年ぐらいにわたりデ-トが続くことになったのです。

次回はその3人の楽しいデ-トのお話をします。

 

上野 洋子

ママさんバレ-をしていた私が、30代半ばに「静」のイメ-ジにひかれ、近くの公共の施設の教室で気楽に茶道を始めました。お菓子を食べお茶を飲む、これなら宿題はないかな、こんな動機でした。しかし始めてみると奥深く厳しいものでした。茶道を通して学んだこと、良い先生・仲間のことなどを中心にご紹介していきます。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ