酒類があまり売られていないバリ島でお酒を飲むなら!

「飲み旅」で発見!美味なるバリ島ワイン

2020/02/17

0

国内外、毎月のように旅に出ている旅の達人・渡辺裕子さんが、この世代こそ楽しめる、ちょっと贅沢で、癒したっぷり疲れ知らずの旅をお届けします。今回は、人気のリゾート地・バリでお得にお酒を楽しむ旅をご紹介します。実はバリ、お酒が割高なんです。

バリのビーチで飲むビールは格別のおいしさ
ビーチで飲むビールは格別のおいしさです!旅の醍醐味ここにあり。

飲み旅」最高の贅沢はローカル酒

私の旅のコンセプトは常に「飲み旅」。

旅先でおいしいお酒を飲むのを旅の醍醐味で楽しみとしています。今回の「飲み旅」は神々が宿るインドネシアバリ島。

マリンスポーツには関心がないものの、海を眺めながら飲むビールのおいしいこと。

ビーチでサーフィンをする人を眺めたり、ヴィラやホテルのバルコニーなどで飲むお酒のなんとおいしいことでしょう。これこそ、非日常の至福の時間で贅沢、贅沢。

バリ島のお酒は割と高価です。おすすめのバリのビール・ワイン

バリ島では全体的にお酒の値段は安くはないので「飲み旅」には少々辛い(苦笑)

しかし! しかしですね、宗教信仰の厚い国であるバリ島は酒類にメジャー感はまったくなく、アルファマートやインドマートなど、ローカルなコンビニエンスストアでは酒類販売禁止とされている店があったりします。

インドネシアのメジャービールといえばビンタンビール!あっさりと軽い口当たりで飲みやすいです。
インドネシアのメジャービールといえば、ビンタンビール!あっさりと軽い口当たりで飲みやすいです。

とはいえ販売のあるコンビニでも、赤星がトレードマークのビンタンビールや、バリハイなどが主で他にはバドワイザーやハイネケンなどの外国ビール、高額なウィスキー類しか見かけないのが残念です。

 バリハイビールもビンタンビールと並んでローカルビールとして人気です。これも軽い飲み心地です。
バリハイビールもビンタンビールと並んでローカルビールとして人気です。これも軽い飲み心地です

外資系ホテルのレストランやバーなどでは酒類はそこそこあるようですが、結構な値段もしますし、気取って飲むのは好きではありません。

でもそこは観光地! どこかにあるはず……と、クタビーチ前にあるショッピングモール「ビーチウォーク」の地下にあるマーケットをのぞいてみたら、酒類がズラリ!

バリ島でお酒を探すならコンビニよりスーパーが種類も豊富で便利です。お土産にしたいものも安く、豊富に揃っています。
バリ島でお酒を探すならコンビニよりスーパーが種類も豊富で便利です。お土産にしたいものも安く、豊富に揃っています

「お~っ!」と歓喜の声が漏らしながら棚を見回すと「バリ島ワイン」を発見! 値段も日本円で1000円くらい。酒類が比較的高価なバリ島ではかなりお値打ち品です。

 

バリ島ワインは、期待以上のおいしさに大満足でした

ご当地バリ島ワイン「HATTEN」。期待以上のおいしさでした。
ご当地バリ島ワイン「HATTEN」。期待以上のおいしさでした

 セレクトした「HATTEN」ワインは”インドネシア”ワインでなく、”バリ島”ワインです!バリ島ワインは日本ではなかなかお目にかかれないので、ホテルの部屋でさっそくいただくことに。インドネシアは甘い系の飲み物が多いのであまり期待はしていなかったのですが、これが大当たり! ダークチョコ色で辛口の味わいは、肉やスパイシーな料理にも合うと思います。一口流し込んだ瞬間に、ビールに飽きてしまった舌や喉が喜ぶのがはっきりわかりましたよ。

渋みもまろやかで酸味も少なく、舌あたりも優しくこんなに飽きないワインに旅先で出会ったことに感謝です。

「PLAGA」もバリ島ワインで少し高級になるそうです。
「PLAGA」もバリ島ワインで少し高級になるそうです

バリ島で出逢えた幸せのワインは遊び疲れた体にスーッと染みていき旅の喜びも倍増、私の旅のコンセプト「飲み旅」を満喫させてくれました。


■渡辺さんの紹介するバリ旅記事はこちら!

渡辺 裕子

旅行、お酒、グルメ、風水など幅広い趣味を持っています 。子どもが大きくなり、ある程度時間ができたので旅行は国内外よく行きます。おすすめの旅行地、おすすめの遊び方、ワンランク上の楽しみ方など実体験をもとにご紹介して行きます。Twitter@Jsi1Kz2siUy1pgq

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ