「私の秋レシピ」

「西洋おでん」こと、ポトフが私の定番です

さいとうひろこ
2019/11/14 6

ハルトモライターのみなさんから、秋の定番レシピを大募集! さいとうさんは、こだわりのポトフの作り方を教えてくれました。

私の秋レシピ
【目次】
  1. おでん種が手に入りずらい昨今だから
  2. ポトフの作り方

おでん種が手に入りずらい昨今だから

子どもの頃は、秋になると夏の疲れを取り戻すかのように、食欲が増した覚えがあります。体を温めるものが主で、特におでんが好きでした。魚や野菜がふんだんで卵もあり、消化も良いし身体にはとても良かったと思います。

今も秋になると作りたくなりますが、おでん種を売るお店が閉店してしまい、あるのは家で温めるだけのものばかり。確かに忙しい時は簡単便利で助かりますが、自分の味のおでんを作れないのは残念です。そこで昨今は秋と言えば、ポトフです。別名「西洋おでん」、家にある野菜とウィンナーがあれば手軽に出来ますし、ご飯にもパンにも合いますので、これから出番が多くなると思います。

今回ポトフに合わせて、栗ご飯も炊きました。付け合わせは、青梗菜としめじとお揚げの炒め煮と、キュウリの奈良漬け、おいしかったです。

ポトフの作り方

ポトフの材料

ポトフの材料 2人前
・ウインナー       6本
・じゃがいも       2個
・玉ねぎ         1/2個
・キャベツ        1/6個
・セロリ         1/2本
・ブロッコリースプラウト 少々(仕上げに飾ります)
・オリーブオイル     適宜
・塩           少々
・胡椒          少々
・水           400ml
・顆粒コンソメ      大匙1/2
・ローリエ        1枚
・人参があれば2/3本(生憎切らしていました)
キノコ類を加えても美味しいと思います。

作り方
ウインナーは3か所くらい切れ目をいれます。
じゃがいもは4等分
玉ねぎはくし形切り
キャベツは2等分のくし形切り
セロリはななめ切り

1. 大きめの鍋にオリーブオイルを入れ、中火でウインナーを炒めます。
2. 油がまわったら、野菜(ブロッコリースプラウトは除く)を加えます。
3. 400ml水を加える。
野菜から水がでますので、野菜が被らなくても大丈夫です。
4. コンソメを入れます。
5. ひと煮立ちしたら、弱火にして蓋をする。野菜が煮えるまで20分程煮る。途中水分が減り過ぎたら、水(分量外)を足します。
6. 最後に塩・胡椒で味を調える。
7. 最後にブロッコリースプラウトを飾る。

ポイント
野菜は大きめに切ると煮込んでも煮崩れしにくいです。
ウインナーはあらかじめ炒めると風味と香りがよくなります。

さいとうひろこ

東京都 /69歳
東京都 /69歳

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ