酸いも甘いも嚙み分ける占い師・春ちゃんの辛口占い

九星気学占いで見る2019年。そして来年は?

春ちゃん
2019/10/01 7

60歳のとき、人に寄り添って生きるために「占いおばさん」になった春ちゃんさん。今回は、九星気学で見る”年”の運勢を解説します。占い上、今年2019年と、来年2020年は、どんな年になるのでしょうか。

2019年、2020年の運勢は?
【目次】
  1. どなたにも今年の運勢があるように、その年の運勢がある
  2. 2018年・2019年の運勢
  3. 2020年の運勢は?

どなたにも今年の運勢があるように、その年の運勢がある

これまで、九星気学の考え方による、今年の運勢や生まれ年と生まれ月ごとの特徴を解説してきました。

どなたも今年の運勢があるように、その年の運勢もある訳です。

今年はどんな年になるのか知ることは大切です。 

一白水星~九紫火星までが、一回りとします。9年間。いい時もあれば、悪い時もある。すべて平等なのです。

人の性格も、九人が皆違って当たり前。。9年間の真ん中に入った星が、今年の年となります。

2018年・2019年の運勢

まず、昨年を見てみましょう。

2018年

*平成30年。九紫火星。

<光明運、上司や先輩と目上の人を見る場所です。>

昨年は、いろんな組織のトップが明るみに出た年でしたよね。相撲協会、いろんなスポーツ界の上司やトップの在り方がすべて
白日の下にさらされた年でした。

 
2019年

*2019年は、令和元年。八白土星(亥)。中央が今年の年 (八泊土星)(亥)。

<変動変革運は今までの流れが変わるか、お金関係にまつわる>

八泊土星は変動変革運。つまり……いろいろ変化を求め、変化の年です。

 今年は平成~令和に元号が変わり、天皇も代わりました。新たな時代へと変わる年です。吉本興業の闇営業と、お金の騒動も。しかも消費税の増税も。偶然? にしては良くできた話ですよネ。世間の流れが変わっていますね。

今年はお金にシビアであり、コツコツと貯蓄することをおすすめします。

2020年の運勢は?

2020年。令和二年 七赤金星
<満悦、金運、口に関係あることに注目>
 
口、がま口と言い、財布の金の出入り、金銭関係。失言、多弁に気を付けるとともに、愛の言葉にも関係があります。恋愛関係面でも話題が盛んに。恋愛・結婚など喜びごとが多くなるでしょう。これを満悦運と言います。
 
満悦は喜びを表します。オリンピックも一つの日本にとっては最大の喜びですよね。
 
それに金星ですから、金をたくさん取るかも?
 
また、金運ですから、金まわり、日本に金が回るといいかと。日本中、喜びと金回り点…最高な年まわりになったらと願っています。
 
あくまでも占い上ですよ。でも今までの年は星のように動いていますから……。
 
それにしても、満悦と金運がオリンピックと重なるって、偶然でしょうかね? それにあやっかて、結婚も多くなるでしょう。オリンピックベイビ—とかね。
 
さて、今年も残すところあと3か月。来年に向けてどんな年にするかはあなた次第です。
 

■春ちゃんの占いをもっと読む

 

 

春ちゃん

埼玉県 /73歳
埼玉県 /73歳

高校卒業後、会社で5年働きました。24歳で結婚し今年48年目を迎え、現在は夫、長男と3人家族で住んでいます。子育てとパートをしながら習った易学で、埼玉の「占いおばさん」として、人に寄り添いながら占い活動をしています。床についてからもできるので、エッセイを書くのが趣味。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ