糖質オフ生活奮闘記2

糖質オフアドバイザーを目指す~断糖食と出会う~

さいとうひろこ
2019/05/04 9

糖質オフアドバイザーの資格を取ったさいとうさんが、なぜ資格を取ったのか、どんな勉強をしたのかをつづっていきます。今回はネットで調べた断糖食を独自にアレンジした、さいとう流断糖食についてです。

糖質オフアドバイザーを目指す~断糖食と出会う~
【目次】
  1. 5日で血圧が下がる下がる
  2. 断糖食の勧めと出会う
  3. おいしい断糖食を発見!ふすまのパンと粒こんきらり

5日で血圧が下がる下がる

あれほど頑固に下がらなかった血圧が、わずか5日で下がりましたので、これは絶対続けなければと、決意も新たに糖質オフ生活が始まりました。嬉しいことに1週間後、夫の血圧は130台にまで下がりました。

その間食べた物は、肉・魚・卵・大豆製品(豆腐・納豆)と野菜でした。あまりに暑いので、アイスクリームを1つだけ許可してしまいましたが、結果は大丈夫でした。ご飯・麺・パンなどの主食は一切口にせず、お菓子も果物も食べませんでした。

断糖食の勧めと出会う

インターネットを見たら「断糖食の勧め」が出ていました。

元ハーバード大学の准教授だった医師のクリニックでは、薬などに頼らず、食事療法で血圧を下げるというものでした。そのクリニックは兵庫県にあるそうですので、入院すれば簡単ですが、そうもいきません。

そこで患者に聞かせる講義「荒木式・断糖食で高血圧を克服」のDVDを、取り寄せてみました。

DVDの解説では、肉・魚・卵・大豆製品は食べてよいのですが、農産物は一切駄目となっていました。農業の歴史はたかだか1万年、それ以前は何百万年もの間、人間は狩猟生活で肉を食べて生きてきました。エスキモーは野菜なしで立派に生活しています。なるほど、いわば原始人の食事です。

人間本来の食べ方に戻るというのはわかりますが、野菜が食べられないという点に引っかかりました。荒木先生は今の野菜には、昔のような力はないとも仰っています。

我が家は40年近く前から、自然農法のお店で野菜を買ったり、取り寄せたりしていますので、その点は大丈夫ですから、野菜はよいことにしようと決めました。

おいしい断糖食を発見!ふすまのパンと粒こんきらり

ふすまのパン
取り寄せた「ふすまのパン」

 

もう一つ荒木式で気になったのは、糖質を99.3%カットした「ふすまのパン」があることでした。

「ふすま」とは、穀物の表面を覆っている「外皮」のことで、糖質を多く含む「胚乳」の部分を含まないため糖質制限に有効と言われています。ふすまと聞くと、あまり美味しそうに思えませんが、試しに申し込んでみました。

数日後、冷凍で届いたパンの美味しかったこと。これでパンが食べられるようになりました。

あとはご飯です。子どもの頃からお米で育ったので、短期間は大丈夫ですが、いずれ食べたくなると思います。

ネットにも食事制限は、齢を重ねた人程辛いと出ていました。長年続けてきた食生活は、そう簡単には変えられないというのです。
 

乾燥粒こんにゃく粒こんきらり
乾燥粒こんにゃく粒こんきらり

 何か方法はないかと悩んでいましたところ、雑誌「ハルメク」のカタログ「健康と暮らし」に、お米と一緒に炊く(乾燥粒こんにゃく・粒こんきらり)が紹介されていました。糖質21%カットだそうで、早速注文、全く違和感なく美味しく食べられました。

乾燥粒こんにゃく 粒こんきらり(4袋)購入はこちら

これで家での食事のアウトラインは決まりましたが、時々は外食もします。それはどうしようか? と二人で考えた末、外では好きな物を食べてよいことにしました。

癌患者が今一番会いたい医師に選ばれた帯津良一先生(私達夫婦の気功の先生です)に伺ったら「好きな物を食べているときは、免疫力が上がりますよ」ということでした。人とのお付き合いでは、何より楽しく食べるのが一番です。

自由に食べて、その都度血圧を測り、結果をみて調整しようということにしました。
 

まとめ
普段食べる物 禁止食物
肉・魚・卵・
野菜・大豆製品・
ふすまのパン・
粒コンニャク入りご飯
お菓子・果物・ご飯・
パン・麺類
但し外食は自由

お菓子と果物とご飯・パン・麺類等の禁止食物は、お付き合いのときだけ食べることにしました。

次回は、糖質オフ生活、その3つのタイプについてです。
 

さいとうひろこ

東京都 /69歳
東京都 /69歳

趣味は落語鑑賞・気功・テレビ体操・読書・トールペイント・美術館めぐり等。健康は食事からがモットーで「AGEフード・コーディネーター」の資格を取得、老化や病気の原因となるAGEを溜めない食事の仕方や調理の仕方をご紹介します。また、これから落語を楽しみたい方のためにその魅力もご案内します。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ