インナー課長徹が行く

僕の決断力 ~商品は何色にすべき?~

流石・日和佐
2019/03/17 39

ハルメクで女性用下着を開発しているインナー課。女性だらけの中、ただ一人在籍する男性……そう、それが徹(とおる)課長。チームを牽引する男性課長と周りの女性メンバーによる商品開発・通販誌編集の日々を、ほぼ100%実話マンガでお届けします。

インナー課長徹が行く
【目次】
  1. ハルメク 健康と暮らし」インナー課の自己紹介
  2. 僕の決断力
  3. インナーは何色を選びますか?

ハルメク 健康と暮らし」インナー課の自己紹介

徹(とおる)課長
ある日突然インナー課長に任命されたインナー課唯一の男性。嫌いな言葉は「残在庫」。

 

住井(すみい)さん
長年女性用インナーを開発してきたプロ中のプロ。その詳しさは徹課長の10000倍。

流石(さすが)さん
通販誌のインナーページ編集リーダーをしながら、セミプロとしてこのマンガを描く。

日和佐(ひわさ)さん
最近インナー課に配属された若葉マーク。それなのにこのマンガのネタ作りを任される。

インナー課古川さん

古川(ふるかわ)さん
インナー課の平均年齢を一人で下げる平成生まれ。住井さんのもとインナー開発修行中。

 

 

僕の決断力

インナー課

インナーは何色を選びますか?

商品が完成した際には必ず、どの色を採用するか決めなくてはいけません。基本的にどのインナーにも用意しているのがベージュです。肌なじみがよいため透けづらく、着やすい色ですよね。ハルメクのインナーの場合、ほとんどの商品でいちばん人気のある色もベージュなんです。

実は季節によっても採用する色は変わってきます。

ハルメクの商品は、カタログや通販サイトを通じて購入していただくことがほとんど。お客様に人気のある色を採用するのはもちろんですが、どんな色ならその商品の魅力を誌面で最大限引き出せるか、ということも商品の色を決めるポイントの一つです。夏の商品なら涼しく見えるか、冬の商品なら暖かく見えるか。色は商品の印象を決める大事な要素なのです。

こんな風に、色選びの際はいろいろと参考にする要素があるのですが、とはいえやっぱり最後は感性や好みの問題だったりして……。意見が割れて決まらない、なんてこともあるんですよね~。

数か月前にもなかなか決まらなかったことがあり、しびれを切らした住井さんが徹課長にも意見を求めてみました。……が、返ってきた返事は「売れる色で」でした。うん、正しい。そう、正しいのだけど。この一件以来、私は住井さんと古川さんが徹課長に色の相談をしているところを一度も見たことがありません。

****
さてここからは完全に余談ですが、3月14日はホワイトデーでしたね。
私たちは2月14日に、徹課長にこんなプレゼントをしてみました!レーザーでプリントされています。正直、自分たちが楽しくて用意したプレゼントでしたが、徹課長も喜んでくれて、めでたしめでたしでした。(もちろんホワイトデーのお返しもいただきました!)

オリジナルせんべい


「インナー課長徹がゆく」は、毎月17日(インナーの日)に更新!

 

「インナー課長徹がゆく」をもっと読みたい方はこちら!

インナー課長 徹がゆく




 

流石・日和佐

東京都
東京都

ハルメクの通販誌「健康と暮らし」でインナーページの編集を担当する2人組。流石(さすが):2012年ハルメク入社。趣味は動物の動画鑑賞とサウナ。特技は筋トレ。夢は猫と暮らすこと。日和佐(ひわさ):18年ハルメク入社。新人と見せかけて社会人歴は10年超え。趣味は宮崎への帰省。特技はマイルを貯めること。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ