インナー課長徹が行く

僕のわがままー徹課長の反逆ー

2019/01/23

51

ハルメクで女性用下着を開発しているインナー課。女性だらけの中、ただ一人在籍する男性……そう、それが徹(とおる)課長。チームを牽引する男性課長と周りの女性メンバーによる商品開発・通販誌編集の日々を、ほぼ100%実話マンガでお届けします。

コミックエッセイインナー課長

「ハルメク 健康と暮らし」インナー課の自己紹介

徹(とおる)課長
ある日突然インナー課長に任命されたインナー課唯一の男性。嫌いな言葉は「残在庫」。

 

 

 

 

 

住井(すみい)さん
長年女性用インナーを開発してきたプロ中のプロ。その詳しさは徹課長の10000倍。

 

 

 

流石(さすが)さん
通販誌のインナーページ編集リーダーをしながら、セミプロとしてこのマンガを描く。

 

 

 

日和佐(ひわさ)さん
最近インナー課に配属された若葉マーク。それなのにこのマンガのネタ作りを任される。

 

インナー課古川さん

 

古川(ふるかわ)さん
インナー課の平均年齢を一人で下げる平成生まれ。住井さんのもとインナー開発修行中。

僕のわがままー徹課長の反逆ー

中高年向けインナー作っています

私たちインナー課が開発している商品のメインの売り場は、月に一度発行している「ハルメク 健康と暮らし」という通販カタログ誌です。

通販カタログ誌をお読みいただいている方は、最新号の2019年2月号、もうご覧いただけましたか?

実は、裏表紙をめくったところに「ハルメク 健康と暮らし」の商品開発メンバーと編集メンバーの集合写真が掲載されているんです。

 

ハルメク通販社員


そうなんです、このマンガの通り、前から2列目のピンク軍団が私たちインナー課です! そしてこちらの写真よくよく見てみると、メンバー数人ずつで共通カラーのアイテムを着用しているんです。

全部で5色、食品チーム、健康食品・サプリチーム、ヘルスケアチーム、暮らし雑貨チーム、そしてインナーチームと分かれていたんですよ、実は!

この話、てっきり誌面で触れられるものなのだろうと思っていたのですが、何の説明もなかったのですよね……。「いかん、このままでは私たちただのピンク軍団になってしまう!」ということで、この場を借りてご説明させていただきました。

そしてこのピンク軍団からナチュラルに離脱したのが、何を隠そう徹課長です。
私たちの列から離れて、ピンクルールは完全になかったものとし、青いシャツを着てごまかしています。よっぽどピンクが嫌だったのでしょうか。……うん、嫌だったのでしょう。
    
こんなインナー課ですが、一応チームワークは良いんです。2019年もお客様にいいねと言っていただける商品・誌面を作っていけるよう、日々精進してまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

ハルメクの通販誌を読んでみたい!という方は、こちらからお取り寄せの申し込みができます。ハルメクの通販って何が売っているの?と気になっていただけた方は、ぜひ、ハルメク通販サイトをのぞいてみてくださいね。

 

「インナー課長徹がゆく」をもっと読みたい方はこちら!

インナー課長 徹がゆく

 

流石・日和佐

ハルメクの通販誌「健康と暮らし」でインナーページの編集を担当する2人組。流石(さすが):2012年ハルメク入社。趣味は動物の動画鑑賞とサウナ。特技は筋トレ。夢は猫と暮らすこと。日和佐(ひわさ):18年ハルメク入社。新人と見せかけて社会人歴は10年超え。趣味は宮崎への帰省。特技はマイルを貯めること。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ