フジナミちゃんのセルフ人体実験ファイル【No.3】

冷え・むくみは毎日の食生活で解消できるってホント?

藤波 友梨

第3回目のセルフ人体実験は「冷え・むくみ」がテーマ。手が触れれば「冷たいっ」と驚かれ、冬は靴下・湯たんぽが欠かせない。起き抜けのむくみがひどい。そんな私が冷えとむくみを解消すべく、毎日の食事・飲み物から体質改善にチャレンジしました!

【目次】
  1. 2か月間のひえ・むくみ取り生活。その実験結果は……。
  2. 私が悪いの? つきまとう冷えとむくみの原因
  3. 冷え・むくみ体質にオススメ!食品選抜メンバー
  4. 食事で結構改善! とはいえ、侮るなかれ生活習慣
  5. 次回のテーマは

2か月間のひえ・むくみ取り生活。その実験結果は……。

冷え……改善!

ずっと続けていたら、この冬は靴下なしに眠れるかも!? 「体はあたたかいのに、足元だけが冷たい」と思うことが減りました。

むくみ……改善!

2か月前は、目の周りなどはれぼったく、顔がぱんぱんという日が珍しくありませんでしたが、すっきり顔の日が増えました。

冷え・むくみが一気に改善できる、その方法をご紹介します!
 

私が悪いの? つきまとう冷えとむくみの原因

普通に暮らしているだけなのに、冷える。むくむ。

気づけば秋冬の靴下は必需品でしたし、顔の不快な腫れぼったさをマッサージするのがお出かけ前の習慣になっていました。もうこの悩みは一生つきまとうのかしら。厄介だと思いつつ、だんだんと「冷えている」状態、「むくんでいる」状態が当たり前になってきたとき、ある情報を目にしました。

「ルイボスティーは冷え・むくみにいい」というものです。そもそも、冷え・むくみは根っことなる原因が同じです。

それは、血液やリンパの流れが悪くなること。


冷え性→血液・リンパの流れが悪いと、体のなかで作られている熱が全身に行きわたりにくくなる。また、それにより体が汗をかきにくくなり、不要な水分が体に溜まるのでより冷えにつながる。

むくみ→上と同じ理由で不要な水分が体に溜まり、その箇所がむくむ。


もちろん、冷え・むくみには他の原因もありますが、慢性的に症状が続く場合には、血液・リンパの流れが大きく関わっていると見て良いでしょう。

ルイボスティーは、この血液・リンパの流れを改善してくれるお茶なのだそうです。ルイボスに含まれているビタミンや亜鉛、鉄分、ナトリウム、リン、マグネシウムなどのミネラルは、血の巡りをよくし、代謝をアップしてくれる性質を持っています。

飲み物で体質改善ができれば一番ラク!ということで、私はルイボスに飛びつきました。
ルイボスをなるべく毎日飲んで、食事にも「体を温める」「むくみにいい」食材を取り入れたら最強の体に!と思ったのです。
 

冷え・むくみ体質にオススメ!食品選抜メンバー

今回、私が摂るように心がけた食材・飲み物をご紹介します。

まずは、ルイボスティー。それから、生姜・シナモン・味噌・納豆。どれも、血やリンパの巡りをよくしてくれるものです。

私は、自分の生活の中に取り入れやすいため、上に挙げた食材を中心に摂っていましたが、他にも巡りをよくする食材はたくさんあります。

「血の巡りをよくする食材」

野菜なら、根菜が特に体あたため食材として知られていますね。それから、玄米、おそば。図にはありませんが、調味料だとお味噌、しょう油がいいそうです。こうして見ると、やはり和食って健康的ですね~。ちなみに、小麦粉からできている主食や、夏が旬の野菜は体を冷やしやすいといわれています。

この食材を摂るよう心がけるとはいえ、すべての食事に細かく気を遣うのは大変なので、私は、「巡り食材」を掛け合わせていっぺんに摂っちゃおう作戦をしていました。

ルイボス(紅茶)+生姜茶+シナモンパウダー →生姜シナモンルイボス
コーヒー+生姜茶 →生姜コーヒー
モロヘイヤ+納豆+味噌 →ねばねば味噌汁
じゃがいも+玉ねぎ+味噌 →じゃがいも味噌汁
鮭+ねぎ+味噌 →鮭のねぎ味噌焼き

ルイボスティーはくせがなく、ノンカフェインなので水のように飲むことができ、簡単に習慣にすることができました。それから、もう1つ重宝したのが、「ハルメク」で10年以上続くロングセラー商品の「生姜茶」。生姜をする手間がなく、ぽんと飲み物に入れるだけなので、寒いと思ったらすぐに飲めて便利なのです。お料理にも使えますよ。ハルメク通販でもご購入いただけます。


 

食事で結構改善! とはいえ、侮るなかれ生活習慣

さて、食べることは大得意なので今回のチャレンジはとても簡単にできてしまいましたが、その結果は……「成功」です。

特に足が冷える体質で、秋・冬のじっと座っているとき、眠るときは靴下がないと不安だった私ですが、日中は薄手の靴下で十分ぽかぽか、眠るときは暑いから靴下ははきたくない!というのが近況です。

むくみは、2か月前の写真と比べるとわかりやすいです。以前は、写真のように顔のむくみが気になる日がたくさんありました。最近はと言えば、お酒を飲みすぎたり塩分を摂りすぎたりした翌日を除けば、すっきりしている日が多くなったんです!

とはいえ、他の生活習慣も大事です!

血・リンパの巡りが良い状態を保つには、運動や入浴が欠かせません。体を動かすこと、お風呂で体をあたためることで巡りが促進されるそうです。

一日中家にこもって動かずにいたり、シャワーだけで済ましてしまったり・・・・・・
そんな日も当然ありますが、むくまずスッキリした体、冬でも冷えにくい体を作っていくには、食事・運動・入浴に気を配っていくのがベスト。また、盲点でしたが、体を締めつける衣服をなるべく避けることも重要だそうですよ。

ちょっとした心がけで、皆さんのお悩みも解消されるかもしれません!どうぞ試してみてください。

ちなみに……今回の実験でルイボスティーのよさを実感し、健康食品担当としては、ぜひ読者の方にもおすすめしたいと考えています。来年の早い段階で販売できるよう、鋭意企画書をしたためておりますので、どうぞご期待ください!

冷え性・むくみにサヨナラを告げて、またひとつ健康に近づきそうなフジナミの次のテーマは!
 

次回のテーマは

【番外編】担当フジナミが本音でおすすめする食品・健康食品!

番外編と銘打って、私も日常的に使っているおすすめ商品をご紹介しちゃいます。ハルメクの食品・健康食品は、おいしさや健康面にこだわりぬいて作られたものがたくさんあるんです。普段「ハルメク 健康と暮らし」の通販カタログでご紹介できないような裏話もお届けしたいと思います。

ああ、なるべくがんばらないで健康になりた~い!
 

藤波 友梨

ふじなみ・ゆり 新卒入社して4年目。「ハルメク 健康と暮らし」編集部。健康食品部門の商品開発担当。お気に入り商品は人参ジュースで、入社して以来毎日のように飲んでいる(健康意識うんぬんより、とにかく味への愛が強い)。趣味は食とお酒と音楽、ときどき旅行。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ