23時からのハルメクな日々

マムとロングカーディガン

岡島文乃

創刊当初から雑誌編集に携わり、「ハルメク」を心から愛するハルメク編集部・岡島。暑さがだいぶ収まって、暮らしにも余裕が見えてきた? 憧れの「毎日花のある暮らし」を始めてみました

マムとロングカーディガン
【目次】
  1. 花のある暮らしに憧れます
  2. きものリフォーム、作ってみました!

花のある暮らしに憧れます

ひとり暮らしを始めた二十歳そこそこの頃から、部屋に花がある生活に憧れていましたが、なかなかそういう暮らしができません。挑戦はしてみるんですよ? でも長続きしないです。花瓶の中でしおれている花束を見て、毎回「私ってダメだなー」としょんぼり。

特に、菊って、放置しておくと、えらい臭くなりますよねー……。そういえば菊のことを最近では「マム」って呼ぶんですって。確かに昨日花屋さんの前を通り過ぎたら「マムが旬です!」という看板がかかってました。

今度のハルメク10月号でお届けする第2特集「暮らしの片隅に一輪の花を」では切り花、特に、うわさのマム!の扱いについて、いろいろご紹介しています。中でも私が「ふむふむ」だったのが、水切りするときに茎のぬめりをきれいに落としておく、ということ。

娘が誕生日に学童でいただいてきた小さなブーケを、がんばってもたせてみました。最初はガーベラがメインだったのですが、1週間くらいでぐったり。ふだんなら、メインのお花がぐったりしたら、まとめてポイと捨てていたのですが、添え物の赤い実やアイビーだけでもかわいいんだなぁと改めて知りました。

毎日、切り戻して、ぬめりを取って、水を替えて……

生ける器も変えていき、最後はこんな感じに。

ガーベラ

ちなみに冒頭の写真は、今回のページを作るために、お花屋さんのボタニックさんが用意してくださった花たち。マムとトルコキキョウがいっぱいで、撮影スタジオが花屋さんのようでした。

きものリフォーム、作ってみました!

 

9月号の「ハルメク」に「兵児帯のチュニック」が紹介されているのを覚えていらっしゃいますか?

私、その作品が編集部のハンガーラックにかけてあるのを見て「うわあ、すてきだなあ」と思い、その場で、インターネットで兵児帯の中古品はないかと検索して、さっそくポチっと購入してしまいました。

けっこう素敵な模様の兵児帯がいろいろあるんですねー。

誌面に載っていたようなブルーの兵児帯がないかと探したのですが、これは見つからず、でも、黒のを2000円ほどでゲットできました。

とはいえ暑い日が続いて、なんにも製作意欲がわかず……。ようやく涼風が立った先週、ごそごそと兵児帯を取り出して広げてみました。

チュニックを作るかロングカーディガンを作るか、迷いに迷い、でも、兵児帯は水洗いすると絞りの部分が伸びてしまうとあったので、より汚れにくそうなロングカーディガンに決定!

さて、型紙を当ててみて「はて?」 絞り部分は、しぼしぼとギャザーが寄っているのです。ココの長さを正確に測るのはどうするのかしらん?

兵児帯

試行錯誤の結果、絞りを重石で押さえて、びろーんと伸ばした状態を保ちながら、計測。あとで製作担当の方に伺ったら、この測り方でよかったみたいです。

いろいろと適当な部分もありつつ、夜なべ仕事を続けること数日。

完成しました!

ミシンが曲がってたり、肩のあたりが微妙にラインがもたついたりしてますが、ロングカーディガンというものを持っていなかったので、ちょっとうれしい完成です♪

ロングカーディガン完成

「23時からのハルメクな日々」をもっと読む 

岡島文乃

東京都
東京都

いきいき・ハルメク歴22年、2人の小学生姉妹あり。夫もハルメク関係者。両親も長らくのハルメク読者。思えば私の人生は、いきいきとハルメクでできています。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ