今気になる、ビューティーアイテムをチェック

中年太りに喝!手軽に使えるボディメイキングツール

中尾 慧里

今気になる、50代以上の女性にぴったりの美容アイテムを、同年代の美容ライター・中尾慧里さんがご紹介。今回は、年末年始に、ダブついてしまったおなか周りを、無理なダイエットはせず自宅でこっそり元に戻せるツールをご紹介します。家族でも使えますよ。

中年太りを道具で何とかしたい
【目次】
  1. 今すぐどうにかしたいブヨ肉をすっきりさせる!
  2. 実際に使って納得! エステ技級のツール
  3. アラフィフは貯筋も大事。毎日コツコツ貯めていく!
  4. 水の動きで、体幹を鍛えるツール

今すぐどうにかしたいブヨ肉をすっきりさせる!

平成最後の年末年始、どう過ごされましたか。2019年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

さっそくですが、どうしてもお休み中は気がゆるんでしまいませんか? セレブは旅行先でもせっせとランニングしたりジムで汗を流したりしていますが、個人的には忘年会に新年会、同窓会などを渡り歩いて、2キロ太りました。毎年こんな感じです……。

若い頃は2キロくらい2日くらいで落とせたものですが、代謝が落ちている更年期世代はムリですよね。そもそも、そんなムチャなダイエットはいけません。

とはいえ、腰まわりだけでもスピーディに落とせないかな、と焦ります。そんな人のためにあるのが、最新のボディメイキングツールです!

実際に使って納得! エステ技級のツール

私も使っていたのが、ヤーマンのアセチノシリーズです。中でも、気になるおなかやお尻まわりを集中的にケアできるのが、「アセチノディープコア」。独自の形状のローラーがついていて、気になる部位に当てるだけで、プロのエステティシャンにぐいぐいもみ出しされているような感覚になります。5つのローラーの中心には押し流し用のボールもついていて、「もみ出し」と「ひねり上げ」と「押し流し」のエステ技を再現! 

モードはLO(ロー)とHI(ハイ)と2種類あって回転数を変えられ、左右の逆回転も可能で刺激に飽きがこない設計。しかもお風呂で使える防水機能あり。のんびり入るお風呂もいいけれど、ここぞ! という時はバスタイムで集中ケア。

基礎代謝も上がった状態なので、より効果的です。さらに、顔に使えるフェイスアタッチメントも付属。お
なかやお尻などボディはもちろん、顔の引き締めもできてしまいます! あくまで個人的感想ですが、ローラーがぐいぐい回転しても痛みは感じません。心地よい刺激です。充電式コードレスだから、これさえあればセレブのように滞在先でもせっせとボディメイクできます~(笑)。

アセチノディープコア 14,800円(税抜・ヤーマン 0120-776-282)

アラフィフは貯筋も大事。毎日コツコツ貯めていく!

お休み明けのゆるんだボディをスピーディに解決するのは当たり前ですが、やっぱり更年期ともなると代謝量が減って筋肉量が減ってきます。

年齢が上にいけばいくほど筋肉は衰え、骨ももろくなり、体のあちこちに支障が出始めます。まわりの人に迷惑をかけないよう、老後は貯金も大切ですが、貯筋(筋肉を貯める)も始めたほうがいいんです!

手軽にウォーキングやストレッチなどを始めている方も多いと思いますが、健康な体に欠かせないのが体幹。体幹の明確な定義はないのですが、脊柱を中心とした外側や内側の筋肉などのことで、いわば胴体部分。体幹は姿勢のバランスをとったり、体を支えるのに不可欠なものです。

水の動きで、体幹を鍛えるツール

体幹を鍛えることで、体の外側にある筋肉も、深層にあるインナーマッスルもバランスよく整えられます。とはいえ、毎日きついトレーニングはイヤだし、わざわざ外出するのも面倒。という人に「TAIKAN STREAM」を。

 

TAIKAN STREAM STANDARD 12800円(税抜・MTG 0120-467-222)

TAIKAN STREAM STANDARD 12,800円(税抜・MTG 0120-467-222)

TAIKAN STREAM STANDARD 12800円(税抜・MTG 0120-467-222)

共同開発は、プロサッカー選手の長友佑都さん。彼は体幹トレーニングやヨガなどの著書も出すほど、ボディメイクについてこだわりを持っています。

その彼とMTGが作り出した「TAIKAN STREAM」は、水の力を利用したもの。水が入った大きなビニール状の筒です。それがどう筋肉を作るの?と思いますよね。筒に入った水の動きは自在。水を動かす、止めるという単純な動作でも、予想外の負荷がかかって筋肉を刺激します。無意識に体はバランスを取ろうとすることで、体幹が自然と鍛えられるんですね。

女性や高齢者におすすめなのは、スタンダードタイプ。男女共有で負荷は水の量で調整できるので、1人でコツコツがムリなら、ご主人やお子さんと一緒にトレーニングもいいかも。
ストイックにやるもよし、テレビを見ながら音楽を聴きながらやるもよし。着色剤がついているのでカラフルで、見た目にも癒されます。

水は1週間に1回変えればいいので、それほど大変でもないですよね。スタンダードに慣れたら、さらに負荷が大きいタイプもあります。

ゆるみボディをスピーディにケアしながら、同時にコツコツ貯筋。今年こそ、お休み明けに太るという悪循環から脱出してみてはいかがでしょうか。

中尾 慧里

なかお・えり 1966(昭和◎41)生まれ。ビューティライター。チャイルドボディセラピスト1級取得。女性誌、WEBにて美容に関する記事執筆、コスメ開発のコンサルティングなども手掛ける。ブログ『中尾慧里の美験』をゆっくり更新中。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクBEAUTYメールマガジンを受け取る

50代からの美を保つ秘訣やワンポイント・セルフケアなど、美と健康に役立つ情報をお届けします。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ