サンダル焼けとダメージ肌は、2ステップで解決

見落としがちな足の日焼けとガサガサ肌!対策は?

柏谷麻夕子
2018/08/30 1

今年の夏は本当に蒸し暑かったですね。厳しい紫外線や室内外の温度差、湿度差、睡眠不足などでお疲れぎみの肌を、秋に向けてリセットしたい頃です。顔に意識が向きがちですが、実は同じぐらいくたびれているのが足。秋の美容はフットケアからはじめてみては?

50代からのフットケア
【目次】
  1. 夏のダメ―ジは、足元にも及んでいます!
  2. 日焼けした古い角質をどうにかしたいなら、ボディスクラブ
  3. 保湿クリームついでのマッサージで、リフレッシュ

夏のダメ―ジは、足元にも及んでいます!

夏のダメージに疲れているのは顔の肌だけではありません。
灼熱の日差しを浴びて、足首にラインが、甲にサンダル焼けがくっきり残っている人も多いのでは。

裸足になりがちな生活でかかとや足の裏もガサガサしがちです。秋からは足を出す機会も減りますが、ダメージをほうっておくと老化へ一直線。くすみやガサつきは枯れ感を漂わせてしまいますし、普段目に入る足がガサガサしていたら気分も萎えるものです。

毎日のセルフケアで夏ダメージを回復して、透明感のあるすべすべの足を取り戻しましょう。

日焼けした古い角質をどうにかしたいなら、ボディスクラブ

フットケアのバスタイム

フットケアの基本は、「洗う・うるおす」の2ステップ。この時期はそこにもう1ステップ、ボディスクラブでの「角質ケア」を加えましょう。

まずはバスタイムに、泡だてたボディソープでよく洗います。かかと、指の間、爪周りもていねいに。

そのあと、3日に1回を目安にボディスクラブでの角質ケアを行いましょう。どんな素材でも問題ありませんが、スクラブはなるべく粒が細かく、なめらかな保湿力の高いオイルやクリームをベースの素材に使っているものがおすすめです。

足全体に手のひらでなでつけるようにしてマッサージすることで、日焼けした古い角質が剥がれ落ちるのをサポートします。
このときのポイントは2つ。ひとつめは、足の指や爪にもスクラブをつけて磨くこと。重層化した爪の角質も取れやすくなり、足先がすっきりします。硬くなったかかとも念入りに。かかとは、目の細かいフットバッファーで軽くこすってもいいでしょう。

ふたつめは、足の甲やくるぶし周りなど皮膚が柔らかい部分は、ごしごしこすりすぎないこと。手のひらで包み込んで円を描くようにしながら、数回なでる程度で大丈夫です。スクラブでこすりすぎると、肌が傷ついてトラブルに陥ることも。

日焼けのくすみは角質ケアを数回したぐらいでは取れず、数か月かけて徐々に薄くなるものなので、焦らないでくださいね。

保湿クリームついでのマッサージで、リフレッシュ

フットクリームでケア

お風呂上がりには、ボディケアアイテムを足先まで塗って保湿します。

保湿感がある濃厚なクリーム、柔らかな肌に仕上げる伸ばしやすいオイル、保湿力がありながら伸ばしやすいミルク、みずみずしい感触のジェルなど、いろいろなタイプがあります。

手早くつけたい人はオイルやミルク、ジェル。暑さが残る時期は、伸ばしやすくて保湿感もあるミルクがおすすめです。

乾燥が気になる人はさらにクリームを重ねて。直接クリームをつけるより、先にライトな感触のものをつけてから伸ばすことで、よりなめらかになじんでしっとり整います。

もちろんフット専用クリームを使っても。ボディ用より固めのテクスチャーで、ガサつくかかとにもなじみやすく、さらりと仕上がります。つけるときに、簡単マッサージを加えると血行がよくなって疲れもとれるのでおすすめ。

 

  • 足の指を1本1本もむ
  • 隣り合う足指を前後に広げる
  • 足を両手でつかんで甲を広げるように開く
  • 親指と人差し指の間のくぼみをプッシュする
  • くるぶしのまわりをもみほぐす


こういったマッサージを習慣化すると、むくみも起こりにくくなりますよ。塗った後は、薄手のソックスを履いて過ごすと床やスリッパにつかず快適です。使ったソックスは毎日洗ってくださいね。

ちなみに夏に足のジェルネイルをしていた人は、この時期は一度オフして爪のケアをすることをおすすめ。足のジェルは比較的長持ちするため、つい付けっ放しにしがちですが、爪に細菌が繁殖して変色することがあるからです。蒸し暑く、裸足で過ごすことが多い夏は特に、細菌による爪トラブルが増えがち。爪もずいぶん伸びて角質がたまり、お手入れ不足感が目立ってくるので、新しい季節に向けて一度リセットしましょう。

毎日の洗浄&保湿に、3日に1度の角質ケア。

2週間ほど続けると、日焼けのくすみやガサガサが和らいで、肌がふわっと明るくなるのを感じると思います。ボディの肌は顔よりもお手入れの効果を実感しやすいので、美容のモチベーションもきっと上がりますよ。

ふだんボディケアの習慣がない人も、この機会にぜひ習慣づけてはいかがでしょう。

柏谷麻夕子

かしわや・まゆこ 美容ライター。植物療法士やメノポーズ(更年期)カウンセラーなどの資格を生かし、多くのメディアでスキンケアやインナーケアの記事を執筆。スポーツアロマトレーナーとしても活動し、目白押しのスポーツイベントから目を離せない近頃。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ