今さら聞けない? 紫外線A波とB波の及ぼす害の違い

肌奥にダメージを与えるA波 表面から焼けさせるB波

beauty editor
皮膚科・美容皮膚科医。渋谷スキンクリニック院長。  吉田貴子プロフィール  日本皮膚科学会会員  日本美容皮膚科学会会員、日本小児皮膚科学会会員、日本臨床皮膚科医会、日本禁煙学会会員
監修者
渋谷スキンクリニック院長
吉田貴子

年齢肌にとってUVA、UVBのどちらの紫外線の影響も見過ごせませんが、より被害が大きいのは、肌の土台の真皮まで届き、組織を破壊するUVA波でしょう。日焼け止めを通年で用いることは当然ながら、生活習慣そのものを見直す必要がありそうです。

UVAとUVBのイメージ図
UVAとUVBのイメージ図
【目次】
  1. UVA波とUVB波による影響の違いを知っていますか?
  2. スマートフォンのブルーライトもダメージをもたらします
  3. 紫外線ダメージを受けにくい、抗酸化物質を摂りましょう

UVA波とUVB波による影響の違いを知っていますか?

太陽から届く光の一部に肌や目に害をもたらす紫外線があり、その種類は2つに分けられます。

サンタン(suntan)と呼ばれる肌が黒くなる日焼けを起こすUVA波は、紫外線のおよそ95%を占めます。波長が長いのが特徴で、肌の奥の真皮層まで届くので、肌の弾力のもととなるコラーゲンまでダメージを与えます。その結果、シミ、シワ、たるみなどの現象となって現れるわけです。

また、このUVA波は雲や窓ガラスも簡単に通過してきますから、車の窓ガラスに紫外線対策をしていなければ、その影響は侮れません。
紫外線を浴びているという実感を伴わないのに肌はダメージを受けてしまうという意味でも、50代からの女性が最も気を付けるべきはUVA波と言えるでしょう。

一方、サンバーン(sunburn)と呼ばれる日焼け直後に肌を赤くするのはUVB波によるものです。波長が短いので肌表面に届いて、ひりひりと赤みを帯びた日焼けをもたらし、急激に肌ダメージを与えます。

シミを作らせるだけではなく、急性の火傷状態を引き起こすこともあるほどです。また皮膚がんの誘因になるとも言われています。

紫外線全体の5%に過ぎないのに、いわゆるアウトドアでの日焼けは、このUVB波によって引き起こされます。

日焼け全体は、このA、B波の2種類が一緒になってシミの元となり、くすみやたるみなど年齢肌の一番の原因も引き起こすわけです。

スマートフォンのブルーライトもダメージをもたらします

ブルーライトも肌ダメージにつながります

近年、この紫外線に近い波長のブルーライトのダメージが注目されています。

そもそもPCやスマートフォンを見過ぎると、この機器類から発生するブルーライトが影響を及ぼし、目に悪いと考えられていますが、この目から入ったブルーライトが、肌にもダメージを与えることが近年わかってきました。紫外線が届かない室内、あるいは夜だからといって、油断できない環境下に現代はあるようです。

紫外線によってシミがいちばんできやすいのは、なんといっても、顔の中で高い部分、頬骨あたりです。日焼け止めの塗り方は、塗り残しのないようにまんべんなく塗る以外、特に指導はありませんが、規定量や、カバーしたい範囲にきちんと塗らないとSPF値通りの効果が期待できません。

もちろん、夜はこすらないように優しく日焼け止めを落として、スキンケアをしましょう。

その際、クールダウンのためにシートマスクなどを使うのはいいのですが、普段使っていて問題のないアイテムを冷やすなどして多めに使うほうがいいでしょう。火照った肌に、ここぞとばかり強い美白効果のタイプの化粧品を使うと、もともと炎症が起きている肌にさらに負担をかける可能性もあります。実際に大学病院の皮膚科の臨床データでは、シートマスク、クレンジング剤、日焼け止めがトラブルの多いアイテムのひとつにあげられています。

紫外線ダメージを受けにくい、抗酸化物質を摂りましょう

両黄色野菜は日焼けしにくい肌作りに役立つ


日焼け止めを定期的に塗るのはもちろんのこと、紫外線ダメージを容易に受けにくい肌作りを普段からしておくことが大切です。

シミができてしまったら、速やかに排出できるように、普段から代謝を上げておきましょう。そのためには適切な睡眠、入浴、抗酸化作用の高い食事、肌の土台を作るたんぱく質をしっかり摂ることなども重要です。

肌の紫外線防御のために、内からなすべき対策は、意識して抗酸化物質を食事から摂ることです。抗酸化食品と言えば、ビタミンA・C・E、にんじんやピーマンなどの色の濃い野菜、加えてキャベツやレタスなどの葉物野菜、果物、うなぎやレバーなども大事です。

ただこれらが体にいいからと、”ばっかり食べ”をするのは非常に残念なことです。栄養素は相乗効果でより体内で作用が高まるものもありますし、肉、魚などのたんぱく質やカルシウムと結合しないと、エネルギーに変換されない食品もあるのです。

また果物を果糖が多いから太ると敬遠する女性がいますが、それも偏った見方です。おやつにお菓子を食べるより、食事のデザートに果物を2、3切れ食べるほうが、抗酸化にもなるうえ過食にもならないと、よほど理にかなっています。


このように日焼け止めでカバーしたり、美白系のコスメでお手入れをすることは当然重要ですが、日頃の食生活やライフスタイルも意識して、常に弾力のある肌に保湿しておくことが大事です。

beauty editor

美容編集者、石山照実が主宰する美容編集者とライターの美容専門の編集プロダクション。美容に特化し、雑誌を中心に活躍する編集者とライターというプロ集団。企画から撮影、記事の構成、さらには動画までを担当。雑誌だけでなく、化粧品メーカーのパンフレットからwebサイトのコラムまで、幅広く活動中。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ