簡単・大人の心理テスト

【心理テスト】女性が落ち込んでいる理由は?

公開日:2020/05/18

5

占い師・章月綾乃さんの「性格も見た目も美しくなれる!? 簡単・大人の心理テスト」。「女性が落ち込んでいる理由」で、どんな深層心理が暴かれるのでしょうか?

簡単・大人の心理テスト

Q「やっちゃった……」と落ち込んでいる女性がいます。一体、何をしたのでしょう?

A 食器を壊した
B 忘れ物をした
C 食べ過ぎた

 

この心理テストが表すものは何?

選んだ答えは、「あなたがやりがちな失敗」です。身に覚えがあるからこそ、「やっちゃった」というフレーズで連想するというワケ。しばしば陥りやすい負のパターンから、リカバリー方法を探っていきましょう。

 

【回答A】食器を壊した

食器を壊した

「壊れ物」という言葉があるように、基本的に形あるものは壊れていく運命です。ただ、どうやらあなたの場合は、物の寿命が短い傾向があるみたい。急いでいた、ボーッとしていた、誰かがぶつかってきたなど……破損の理由はその時々で変わりますが、いずれにしても、ふと意識が飛んでいることが多いみたい。

でも、別にこれは悪いことではありません。手を動かしながら、別の事を考えるクセがあるというだけ。一つのことをやりながら、別の事を考えられるのは、マルチタスクな非常に優秀な証拠。

うっかり物を壊したときは、キャパオーバーの前兆と捉え、しっかり休むことが重要。調子がいいときのあなたは、人の何倍も動ける人なのですから!

 

【回答B】忘れ物をした

忘れ物をした

私たちは、毎日忙しく暮らしています。きちんと準備をして万全の態勢で出掛けたくても、何かをやりかけた途端、家族から呼び掛けられたり、配送業者が来たり、メールや電話が入ったりします。流れが中断され、細切れになりやすいのです。情報や状況が上書きされ過ぎて、「覚えていなければいけないこと」が消えてしまいます。

あなたに有効なのは、パッと見てわかるようにする仕掛け。外から帰ってきたら、持ち物をざっと並べられるスペースを作りましょう。そこで、次のお出掛けのための仕分けをし、必要なものがあれば、一緒に置いておきます。メモを取り、見直す習慣をつけましょう。自分の記憶を信用せずに、わかりやすさを追求してみると、グッと暮らしやすくなるはず。

 

【回答C】食べ過ぎた

食べ過ぎた

一言でいえば、あなたは、楽天家なのです。「くよくよと悩みやすいけど?」「ネガティブ思考です」という反論も聞こえてきそうですが、本当に悩みやすい人、暗い人は、否定すらできないもの。悩んでいる自分が好き、人よりも敏感で深く物事を考えている自分が好きなだけなのです。

心の底のさらに奥底には、「結局は何とかなる」という考えがあるはずです。

何とかなると思っていますから、いろいろ雑になってきます。これ以上食べちゃダメと考えても、「少しくらい」とか、「今日だけは」などマイルールで、禁忌を犯すことに……。

食卓やリビングに鏡を置いてみましょう。自分の姿を映すことで、客観性が生まれて節制ができるようになるはず。これまで諦めていたダイエッにも成功するかも!


 

 

章月 綾乃

占術研究家・心理テストクリエーター。All About占いガイド。 雑誌やwebにて、占い記事、心理テストを監修、執筆。 『こっそり読みたいオトナの心理テスト』(実業之日本社刊)他、著書多数。 小学館『Sho-Comi』、『増刊フラワーズ』『Cheese!』、anan web他にて好評連載中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ