面白いほど当たる!?簡単・大人の心理テスト

【簡単!心理テスト】待ち合わせ時間で何が分かる?

公開日:2019/08/06

更新日:2021/08/20

61

面白いほど当たると話題の心理テスト。「懐かしい人との待ち合わせ時間」で、どんな深層心理が暴かれるのでしょうか? 人気占い師・章月綾乃さんの「性格も見た目も美しくなれる!? 簡単・大人の心理テスト」6回目です。

簡単・大人の心理テスト

【心理テスト問題】懐かしい人との何時に待ち合わせる?

面白いほど当たると話題の「大人の心理テスト」6回目。今回はどんな深層心理がわかるのでしょうか?

Q 懐かしい人との久々の再開。いつ待ち合わせる?

A  ランチタイム
B  ティータイム
C  ディナータイム

この心理テストが表すものは何?

有名なスフインクスのなぞなぞ「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足。この生き物は何か?」のように、一日の時間は、人間の一生に置き換えることができます。今回の心理テストから暴かれるものは、ズバリ「あなたのラッキーパーソン」です。

【回答A】ランチタイム

ラッキーパーソンは後輩

もしかしたら、あなたは、時間の自由が利かずに、会えるとしたら、お昼だから……的に消去法で待ち合わせ時間を選んだかもしれません。それでも、お昼の時間をイメージするのには、深い意味があります。俗に正午というように、12時は午の刻なのです。太陽が空の一番高い部分にかかり、一日のうちでもっとも強くエネルギッシュに輝きます。

このイメージを人に置き換えると、若さがまぶしい年下ということになります。年齢、年代の違いで、価値観にズレはありますが、わかりあえないと嘆くよりも、落差を楽しんでしまえばよいのです。思いがけない視点や指摘に、目が覚める思いがするはず。なお、いくら善意からでも、説教はNG。与えるのではなく、パワーと発見をもらいましょう!

【回答B】ティータイム

ラッキーパーソンは同年代の人

ランチとディナータイムの隙間に存在するのが、ティータイム。ホテルでのアフタヌーンティーのようにゴージャスにはいかなくても、ファミレスやカフェでちょっとおしゃべりをしたり、誰かの家にお菓子を持ち寄って集まってみるなど、お茶はコミュニケーションの名脇役です。情報交換や近況報告がいいリフレッシュに。

ラッキーパーソンは、世代でいうならば、同い年くらい。子どもの頃に見たテレビ番組の話題で盛り上がれるくらいの年齢の幅で探しましょう。

ポイントは、パワフルな人。仕事と趣味の世界で二足のわらじを履いていたり、ボランティアや介護で頑張っている人との交流がためになるはず。あなたの眠れるハートに火をつけてもらって。

【回答C】ディナータイム

ラッキーパーソンは年上の人

一日の終わりを締めくくるディナータイムでの旧交復活をイメージしたあなたは、落ち着きと安心を求めています。事情が許すなら、親しい人と水入らずで、時間を忘れてゆっくり語り合いと望んでいるのでは? けれど、お互いにやることが多く忙しいので、会いたいと願いつつも、なかなか実現せずに終わってしまうことも多いでしょう。

ラッキーパーソンとしてオススメするのは、身近な年長者です。でも、年上ならば誰でもいいわけではありません。目上の人なのに、話しやすい、憧れる、素敵な人の懐に飛び込んでいきましょう。遠慮せずに甘えて頼っていけば、相手も喜び、心を開いてくれるはず。年の功の知恵や工夫など、いろいろなヒントをもらえそう。

■もっと知りたい■

 

章月 綾乃

占術研究家・心理テストクリエーター。All About占いガイド。 雑誌やwebにて、占い記事、心理テストを監修、執筆。 『こっそり読みたいオトナの心理テスト』(実業之日本社刊)他、著書多数。 小学館『Sho-Comi』、『増刊フラワーズ』『Cheese!』、anan web他にて好評連載中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ