1話10分で教養が身につく動画講座~西洋音楽史~

ピアノは江戸時代生まれ!?「四季」の秘密も解説

公開日:2020/06/22

更新日:2020/09/28

5
会員限定

玉川大学芸術学部芸術教育学科教授の野本由紀夫さんが、ヴィヴァルディからベートーヴェンまでの西洋音楽史を1話10分、全11話でピアノを演奏しながら楽しく解説する講座です。今回は、ピアノの歴史とヴィヴァルディの「四季」についてお伝えします。

ピアノでたどる西洋音楽の偉人たち

ピアノは江戸時代に始まった新しい楽器


ピアノという楽器は、非常に新しく生まれた楽器なんですね。18世紀の後半になってようやく実用的な楽器になってきました。つまり、江戸時代なんですね。

つまり、皆さんが知っている作曲家でいうと、モーツァルトあたりです。でも、モーツァルトのときもまだ、こんな立派な楽器ではなく、その後のベートーヴェンぐらいでようやく楽器として使える性能になってきたんです。

2020年がベートーヴェン生誕250年ですから、まだそのぐらいの楽器なんですね。今日は「ピアノでたどる西洋音楽史」ですが、実際にピアノ演奏されたものだと200年ぐらいしか歴史をたどれません。そこで便宜上、ピアノがなかったころのものもピアノを使って弾いていくことをご了承いただきたいと思います。
 

【動画】ピアノ演奏とともに、西洋音楽史を学ぼう

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

テンミニッツTV

 

東京大学をはじめとする日本の大学教授や一流企業の経営者、特定分野の世界的権威である医師など、多分野の有識者が出演する教養メディア。1話10分で大人の教養を身につけられます。講義内容は動画だけでなくテキストでもご覧いただけます。https://10mtv.jp/

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ