ハルメク会社情報サイト
会社情報サイト

ニュースリリース

2021年8月4日 (PDF:800 KB

秋田県ならびに秋田市と立地協定を締結し、国内4拠点目となるお客様センターの開設を決定

女性誌販売部数 No.1(※1)の雑誌「ハルメク」を発行し、カタログ通販事業などを手掛ける株式会社ハルメクホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、100%出資のグループ会社でコールセンターやフルフィルメントサービスを運営する株式会社ハルメク・ビジネスソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:森真太郎)を通じて、秋田県ならびに秋田市と立地協定を締結し「ハルメク 秋田お客様センター」を開設することを決定しました。8月4日(水)に、秋田県ならびに秋田市と立地協定締結式をリモートにて実施いたしました。
(※1)日本ABC協会発行社レポート(2020年7月~12月) 

秋田市長:穂積志氏(写真左)、山岡朝子(雑誌「ハルメク」編集長)、宮澤孝夫、
森真太郎(中央モニター)、秋田県知事:佐竹敬久氏(写真右)

 当社は、女性誌販売部数1位に成長した雑誌「ハルメク」の出版事業や、ハルメクおよびグループ会社の全国通販が手掛けるカタログ通販事業が拡大し、お客様センターの規模の拡大と品質の向上が急務となっています。ハルメク世代のお客様の満足度のさらなる向上を図るため、新たなお客様とのコミュニケーションの拠点として東京、大阪、鹿児島に次ぐ国内4事業所目となる「ハルメク 秋田お客様センター」を秋田県秋田市に開設することを決定しました。

■秋田市の選定理由
 秋田市は企業誘致のために穂積市長を中心に積極的な支援策を打ち出されています。人材確保という観点からも、10年連続待機児童が「0」など、働きながら安心して子育てをする環境が整っていることや、Aターン制度と呼ばれる移住希望者の受け入れ策を積極的に行うなど、当社が求める人材の確保に期待しています。また、比較的大規模な自然災害が少ない秋田に4箇所目のお客様センターを開設することで、ハルメクグループ全体の事業継続性を強化する狙いがあります。

■ハルメクグループの多様な働き方     
 ハルメクグループは、子育て世代や介護等で勤務時間に制限のある方々にも働きやすい環境づくりを全社で推進しており、コロナ禍以前よりリモートワークを推進するなど、労働環境の多様化を進めています。既存のお客様センターでは、在宅環境でも安心安全に業務ができる環境の提供や柔軟なシフト制の導入により、多様な人材の採用に努めています。「ハルメク 秋田お客様センター」においても、同様に柔軟な勤務体型や制度の導入により、秋田県ならびに秋田市の女性の社会進出の一助になるように取り組んでいきます。

■「ハルメク 秋田お客様センター」オープニングスタッフの募集について

応募開始日:8月16日(月)
問い合わせ先:株式会社ハルメク・ビジネスソリューションズ 採用担当者宛
TEL:0120-220-565(平日10時~17時)

【佐竹 敬久  秋田県知事からのコメント】
このたび、株式会社ハルメク・ビジネスソリューションズの進出をお決めくださり、心から感謝を申し上げます。本県においては、若年層の県外流出が続いていることから、若者や女性にとって魅力的な雇用の場を確保することが急務であります。今般、県内に新たな拠点を開設していただくことで、雇用の確保はもとより、女性が生き生きと活躍できる秋田の実現に向け、大きく寄与していただけるものと大いに期待しております。 

【穂積 志 秋田市長からのコメント】
このたび、株式会社ハルメク・ビジネスソリューションズ様が、秋田駅前にお客様センターの業務を行う秋田支社を開設されますことを、市民を代表して心から歓迎申し上げます。御社の進出は、女性活躍の機会の創出につながるものであることに加え、本市中心市街地の活性化の一助としても大いに期待しており、県や関係機関と連携しながら、全力で支援してまいります。

【ハルメクホールディングス代表取締役社長 宮澤孝夫】
今回、ハルメクグループの4箇所目のお客様センターを秋田市に開設することができました。秋田市長ならびに秋田県知事をはじめ、市や県の皆さまのご協力に大変感謝するとともに、微力ながら秋田市に貢献することができることを喜ばしく思っております。私たちのお客様センターによる雇用創出が、秋田市の取り組むAターン制度による移住希望者の拡大に繋がることや、働いていただく方たちの業務を通じた新たなスキルの習得による職業選択の自由の拡大などにより、秋田市の発展に貢献していきたいと考えています。

 

詳細は、PDFファイルをご覧ください。

ハルメクWeb メールマガジン 美容や旅行など気になる話題が満載 「自分らしく」生きるヒントをお届けします