ハルメク会社情報サイト
会社情報サイト

ニュースリリース

2020年3月9日 (PDF:1377 KB

3.11直前にシニア女性に聞いた「防災意識調査」

販売部数24.8万部を誇るシニア女性誌部数No.1(※1)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、40~79歳のシニア女性600名を対象に「防災意識と実態」に関するwebアンケート調査を実施いたしました。

(※1)日本ABC協会発行レポート24.8万部(2019年1月~6月)

 

【 調査サマリ 】

■「防災意識が高い」と自覚するシニア女性は、2割に満たない

⇒ 防災意識が「やや高い方」「高い方」と回答した人は全体の18.7%(112人)

 

■「避難」に消極的なシニアが多数。避難勧告が出た際に実際に避難した人はわずか14.9%

⇒ 住んでいる地域に「避難勧告」が出た経験のある人のうち、「実際に避難した」人はわずか14.9%。

⇒ 避難しなかった理由は、第1位「避難するほうが危険だと思った(47.5%)」、第2位「自分の家や自分自身は安全だと判断した(40.8%)」、第3位「近所で誰も避難していなかった(27.5%)」。

 

■約6割がシニアが「災害時に他の人よりも劣っていると感じる点がある」と回答

⇒ 全体の64.2%が「災害時に他の人よりも劣っていると感じる点がある」と回答。

シニアは災害時に弱者となってしまい、不安に感じている人が一定数いることが判明

⇒ しかし、年代が上がるほど「劣っている点はない」という人が増え、70代では50.7%に及ぶ。

 

■シニアが行っている災害への備え第1位は「食料や防災用品の備蓄(48.5%)」

上の世代ほど何らかの備えを行っている割合が高く、70代は8割以上。

⇒ シニアが行っている災害への備えは、第1位「食料や防災用品の備蓄(48.5%)」、

第2位「避難場所の確認(32.8%)」、第3位「家族との連絡手段の確認(32.5%)」が上位。

⇒ 何らかの備えを行っている人の割合は40代62.7%、50代75.3%、60代78%、70代84.7%と、世代が上がるほど多い傾向。

調査の詳細は、PDFファイルをご覧ください。

ハルメクWeb メールマガジン 美容や旅行など気になる話題が満載 「自分らしく」生きるヒントをお届けします