2020年10月号「ハルメク」おしゃれ特集

いつもの服を新鮮&上品に!ストールの巻き方を動画で

公開日:2020/09/05

28

秋冬の服装は、紺やグレー、黒など地味な色合わせや、ニットにパンツの1対1コーディネートといった、無難な組み合わせになりがち。そんなときこそストールの出番!ストールの選び方と見慣れた服がグンとあか抜ける巻き方4つを動画でご紹介します。

ストールの巻き方

※この記事は雑誌「ハルメク」2020年10月号14ページの、「小物使いでいつもの服を新鮮&上品に!」でご紹介しているストールの巻き方を動画で掲載しています。

大人世代のためのストール選びのポイントとは?

大人のおすすめのストール


「ストールは難しいテクニックを必要とせず、手持ちの服を素敵に見せてくれる、頼れる小物の代表選手。例えば、四角形のストールを長方形に折って首から垂らすだけでもOK。それだけでいつもの服装が“おしゃれ”にアップデートしますよ」とスタイリストの大沢早苗さん。巻き方のコツの前に、まずはストール選びのポイントを紹介します。


「顔回りを彩るストールは第一印象を左右します。大人世代こそ素材選びにこだわって、カシミヤやシルクといった光沢感のある素材を選ぶことで上品な雰囲気になります。顔に直に触れるアイテムなので柔らかい素材のものを選びましょう」

さらに色選びも大切な要素です。「くすみがちな大人世代の肌色を明るく見せてくれる暖色系や、華やかさを演出してくれる強い色と柄物もおすすめです」。

これで失敗しない!ストール選びの極意

  • 大人世代こそ肌触りにこだわって!カシミヤやシルク入りを選びましょう
  • 色に迷ったら、顔をワントーン明るく見せてくれる暖色系や、華やかな印象を与えてくれる強い色や柄物がおすすめ。
  • 柄物は落ち着いた色味を選べば失敗しない。

おしゃれに差が付く!ストールを巻く前のひと工夫

おしゃれに差がつくストールの工夫

  • 手の上で空気をまとわせるように持つ
  • 三角に折るときは端と端を合わせずあえてズラす
  • ストールを持つ手は左右対称にせず“ゆるく”を心掛ける

 

美しいドレープが素敵!三角折りアフガン巻き


 

小顔効果も!バタフライ巻き

 

縦長シルエットでスタイルUP!クロスタイ巻き

寂しい胸元を華やかに!スヌード巻き

 

 

防寒アイテムとしても便利なストールを使いこなそう

今回は簡単にできて、着こなしを素敵に見せてくれる巻き方とストールの選び方をご紹介しました。

「ストールはおしゃれ小物としてだけではなく、防寒アイテムとしても便利です。普段、落ち着いた色みの洋服を着ている方は、ストールは思い切って華やかな色や柄物を選んでみるのもおすすめです。

また、シルク素材のストールはドレープが美しい三角折りアフガン巻きにしたり、厚手のウール素材はスヌード巻きでマフラーのように使うなど、いろいろアレンジを楽しめるのもスカーフの魅力。ぜひ、楽しんでください」

 

■教えてくれた人

スタイリスト・大沢早苗さん

スタイリスト 大沢早苗さん


巻物好きが高じてストールコーディネーターの資格を取得。女性誌や広告などの他ほか、整理収納アドバイザーとしても活躍。

スチール撮影=須藤敬一、動画撮影=中村彰男、スタイリング=大沢早苗、ヘアメイク=麻生陽子、モデル=廣田恵子


ねじるだけ!スカーフ感覚で華やかに決まるストールも

ウール混ねじれストール

「やっぱりストールの巻き方がわからない」という方におすすめの商品が、ハルメク通販で販売中のウール混ねじれストール

さっとねじるだけで形が決まって、ほどけにくいと人気です。室内でもじゃまにならない控えめなボリュームで、シワを気にせずバッグに入れて持ち運べます。

秋冬の寒さ対策に、おしゃれで使いやすいストールを取り入れてみませんか?

カラーは、ベージュ系・マスタード系・ブルー系の3色があるので、ご自身の好きな色を選んでくださいね!

>>ハルメク通販でウール混ねじれストールをチェック!
 

※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

 

児玉 志穂

2019年、雑誌「ハルメク」に仲間入り 。ハルメクに入社する前は女性誌や男性誌の編集部に在籍。新しいもの、ラジオ、映画に目がないカルチャーミーハー! 我が子の寝顔を愛でながらのネットショッピングと、Netflixで海外ドラマを観る時間がなにより幸せ♡

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ