【決定版】50代からの正しいスキンケア

美容液は重ね付けで、うるおい・ハリ・つや思いのまま

小西 由希

美容液を使っても効果がなかった方、スペシャルケアだと思って、部分的に少しずつ使っていませんか? 年齢とともに肌は薄くなって、うるおいが保てなくなります。大切なのは、顔全体に付けたあと、肌が薄い部分にも重ねることです。

(撮影=中西裕人、モデル=桂智子、ヘアメイク=小島けさき)
【目次】
  1. 50代からは顔全体の皮膚が薄くなります
  2. 皮膚が薄い部分は、手厚く“重ね付け”を
  3. 選ぶポイントは“浸透力の高さ”です!

50代からは顔全体の皮膚が薄くなります

年々増える、シミや乾燥小じわ。対策をするなら「美容液」を活用したいですよね。使い方次第で、効果にもぐっと差が出るアイテムでもあります。

その理由のひとつは、50代で女性の皮膚が薄くなるから。

閉経を迎えると女性ホルモンがほぼゼロ状態になります。女性ホルモンは毛細血管内に流れ、皮膚のコラーゲン生成を促す働きがありますが、それがほぼゼロになるためコラーゲン生成が激減。

若い頃はふっくらとハリがあって乾燥にも負けなかった肌でも、まるでしぼんだようになり、薄くなって、うるおいを肌内部(※1)に保つことができず慢性的に乾燥した状態になります。もともと皮膚が薄い目もと・口もとで顕著ですが、実は全身の肌が薄く変わっているのです。

紫外線ダメージの蓄積も大きな原因です。私たちは生まれた瞬間から紫外線を浴び続けており、そのダメージは皮膚に蓄積されています。

紫外線は、皮膚のコラーゲン組織を破壊してハリを奪う力があります。顔の半分や腕など、体の一部に太陽の光を浴びがちな車の運転を長時間するなど、その蓄積部分に差がある方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は顔全体で大きな差がなく、ハリ低下と乾燥が顔全体で進みます。

皮膚が薄い部分は、手厚く“重ね付け”を

手厚く重ね付けを

顔全体でコラーゲンが減少し皮膚が薄く乾燥しやすくなっているため、美容液は「悩みの部分だけ」に付けるのではなく、顔全体に付けましょう。

ふっくらとハリが出て、若々しさの印象が変わります。顔全体に付けてから特に皮膚が薄くなる目もと・口もとなどに「重ね付け」すると効果的です。

乾燥や紫外線が強い季節も、しっかりと美容液成分を浸透させておくことで抵抗力がついて、新たなダメージを防ぐことができます。

 

薄くなった皮膚にうるおいを浸透させるためには、まず、手で温めてから付けることがポイント。人肌に温まることで皮膚がやわらかくなり、美容液成分を受け入れやすくなります。手もやわらかくなるため刺激に弱い皮膚をこすらず、よりやさしくお手入れができます。

悩みを気にして一生懸命その部分にだけ美容液を付けていると、無意識にそこを手の刺激で傷付けてしまい、シミが濃くなる・シワが深くなるなど、逆の効果になる場合もあるため気をつけましょう。

選ぶポイントは“浸透力の高さ”です!

美容液は、その効果はもちろん、成分や形状によってさまざまな種類がありますが、皮膚が薄くなる50代以降、朝夜のお手入れで結果を出すために必要なのは「浸透力の高さ」です。

なぜならいくつになっても新陳代謝によって、私たちの肌は毎日生まれ変わっているからです。

新たな肌が生まれる角質層の最深部にまで美容液成分を届け、乾燥と紫外線ダメージといった2大老化原因から守り続けること。朝の肌に美容液成分をきちんと浸透させておけば、日中にダメージを受けても痛手にならず、夜のお手入れをよりキレイな肌を生むためのものにできます。

日に日にハリとうるおいに満ちた肌に導くこと、それは朝夜の美容液の習慣次第で年齢とは関係なく、可能なのです。

近年は、美容液成分の「微粒子化」の技術が進み、角質層の最深部にまで美容液成分を届けることができる美容液も出てきました。美白効果や乾燥小じわを目立たせない効果など、解決したい悩みとなりたい肌に合わせて選択肢は多数ありますが、まずは浸透力が高いかどうか? に着目して、美容液は選んでみてください。

撮影=中西裕人、ヘアメイク=小島けさき、モデル=桂智子

 

小西 由希

こにし・ゆき 「ハルメク おしゃれ」編集部。副編集長・ビューティー部門の編集担当。京都の日本海側出身のため色白。毎朝、美白パックをしている。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ