菅沼薫さんに聞く、今の自分に合う美容の見極め方

(5)化粧パフ、いつから使っている? 洗い方は?

菅沼 薫

ファンデーションをつけるときに使うパフ。購入した時から使いっぱなしにしていませんか? でもそれって衛生的に大丈夫なの? 菅沼薫さんの美容講座第5回は、スキンケアやメイクするときに気をつけたい衛生について教えてもらいました。

パフ古いの使っていませんか?
【目次】
  1. 化粧パフは、細菌とカビの巣窟だった⁉
  2. パフは2週間に1度、中性洗剤で洗う
  3. メイクブラシも洗浄が必要です
  4. パフだけじゃない!指先の菌にも要注意
  5. 詰め替える場合は、ポンプのチェックも忘れずに

化粧パフは、細菌とカビの巣窟だった⁉

パフを使い続けると、どのくらい汚れていくと思いますか? 

私が顧問をしているFCG総合研究所で以前に調べた研究結果が、ちょっと衝撃的だったのでご紹介します。

2週間使用したパウダーファンデーションのパフ1枚に、なんと2万個(!)もの細菌が検出されたことがありました。また、使用期間が2週間から1年程度で、未洗浄のものから洗浄して使っていたものなど10枚を調べたところ、すべてのパフから土壌やハウスダストに多く分散するカビが検出されました。

これは、日常生活の中で顔に付着したカビの胞子が、パフに移り繁殖してしまったため。パフはファンデーションだけでなく、肌の皮脂や汗がついた、いわばカビの格好の棲家。そのパフを使うということは、知らないうちにカビを顔に塗っている危険性があるのです。

 

※※閲覧注意※※

パフから検出し、カビ分離用の平板培地に付着させ、
さらに二次培養を行って分離したツチアオカビ属の一種
(出典:FCG LABO 1994 No.104) 
和名:ツチアオカビ  学名:トリコデルマ・ビリデ(Tricoderma viride
  写真提供:㈱エフシージー総合研究所 取締役 川上裕司 博士


 

パフは2週間に1度、中性洗剤で洗う

冒頭からちょっとショッキングなお話で、引いてしまったかもしれまったかもしれません。

ですが、キレイになるためのメイクなのに、菌やカビを顔に塗ってしまっては本末転倒。ここからは、そのパフを衛生的に保つ方法について、お話していきます。

抗菌・防カビ効果のあるパフも、定期的に洗い、交換しましょう。

今の化粧用パフの多くは、細菌の繁殖を抑える抗菌や防カビが施されています。ですが、その効果は使用状況によって変わってしまいます。どのようなパフでも、2週間に1度は台所用中性洗剤で洗うようにしましょう。

石鹸などアルカリ性の洗剤、消毒剤や漂白剤を使うのは、パフの抗菌・防カビ効果を低下させ、パフ本体の素材を傷めるのでおすすめしません。パフも硬くなり、肌触りも悪くなります。洗った後、生乾きのままにすると、菌やカビが繁殖しやすくなるので、内側までしっかり乾かすようにしてください。

洗って使う、を繰り返してパフの使い心地が悪くなったと感じたら、新しいものと交換を。理想的なのは、パフの表と裏を使って汚れたら、新しいパフに取り替えること。今は、安価で使い易いパフがたくさんありますので、洗う手間が面倒という方は、2週間を目安に交換することをおすすめします。

メイクブラシも洗浄が必要です

ファンデーションをブラシでつけている場合、ブラシは2週間に1度を目安に中性洗剤で洗ってください。これは他のメイクブラシも同じです。

空気中に分散したカビや、肌に触れれば皮脂がつくことも。パフほど頻繁に洗う必要はありませんが、定期的に洗って清潔に保つようにしましょう。洗う手間が……という人は、メイクブラシ用のクリーナーを利用するのもよいでしょう。

 


イプサ

クリーナーを含ませたティッシュで、ブラシを拭くだけ! 速乾性が高いので、クリーナーで拭いた後すぐにブラシが使えます。
イプサ ブラシクリーナー 50ml 1500円(税抜/イプサお客さま窓口 0120-523543)

パフだけじゃない!指先の菌にも要注意

ところで、指先に常在菌が多くあることは、"ハルメク”世代ならほとんどの方がご存知でしょう。

料理するときは、きちんと手を洗っていると思いますが、スキンケアの前はどうですか?

基本的には洗顔後すぐにスキンケアすることが多いので、それほど問題ないと思います。ですが、クリームなどをとるときに、容器に指を直入れするのは、ちょっと問題です。

クリーム類は、清潔なスパチュラで取って、肌にのせましょう。

容器に指を入れてしまうと、指先に付着した汚れや菌を容器内に入れてしまうことになります。クリーム類は、必ずスパチュラでとって、肌にのせましょう。もちろんスパチュラは清潔なものを! 使用後は拭くか洗って、使いっぱなしにしないように。使う前にスパチュラを拭けば、なおよいでしょう。

クリームを指で取るのをおすすめしないのには、もう一つ理由があります。爪が少し伸びていると、爪の裏側にクリームがたまってしまいますよね。もったいないからと、ついそれも肌にのせていませんか? 気持ちはとてもよくわかるのですが(笑)、これは本当にやめるべき。爪の裏側は、とても汚れています。クリームと一緒に、汚れや菌などを顔につけてしまう危険性があるのです。

詰め替える場合は、ポンプのチェックも忘れずに

現在は、詰め替え用のスキンケア商品が増えています。経済的な上にエコ! その上、容器の中のパックごと交換できて衛生的ということもあり、利用している人も多いと思います。ですが、詰め替えるときは、ポンプの汚れをチェックするのも忘れないでください。ポンプの先(出口部分)に製品が固まってついていれば、そこに菌やカビが付着していることも。汚れたままのポンプを使い続けないようにしてください。

汚れは放置するほど、不衛生な状態になっていきます。たまにしかファンデーションをつけない人ほど、パフの汚れ放置は要注意! また、毎日つける人も、日々ちょっとずつ汚れていくので、汚れを感じにくくなりがち。肌を健やかにするためのスキンケア、キレイになるためのメイクです。顔に汚れや菌、カビを塗ってしまった……なんてことのないよう、使うアイテムもキレイに! を心がけてくださいね。

 

取材・文=田中優子

菅沼 薫

すがぬま・かおる ビューティ&ライフ サイエンティスト、武庫川女子大学客員教授、sukai美科学研究所代表。日本顔学会会長をはじめ、日本化粧品技術者会役員、日本香粧品学会評議員などを務める。美容雑誌「VOCE」における化粧品比較実験を長年手掛ける。化粧品と肌のスペシャリストとしてメディアでも活躍中。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ