1話10分で教養が身につく動画講座~睡眠と体と脳~

理想の睡眠時間は本当に8時間?睡眠のメカニズムとは

公開日:2020/10/12

4
会員限定

名古屋大学の尾崎紀夫教授が、最新の研究結果を元に、体、脳、心の関係を1話10分全6回で解説します。睡眠薬の効果に関わる睡眠のメカニズムはどうなっていいるのでしょうか? そもそも睡眠時間は何時間がベストなのでしょうか?

睡眠のメカニズムとは
睡眠のメカニズムとは

睡眠と覚醒のメカニズムと薬剤

さまざまな研究により、最近では睡眠系と覚醒系にリズム系というものを加えた3つが、我々の脳にあることがわかってきました。

疲れたら休む「睡眠系」、危険なときに目を覚ます「覚醒系」、さらに「リズム系」の「クロック(体内時計)」があり、夜になると体が眠ります。現在では、睡眠と覚醒のメカニズムとしてこの三つの系が考えられています。

これらに働く薬が、世の中にはたくさん出てきています。薬ではなくても、まずは、疲れたら休む「睡眠系」をブロックして、起こしてくれるのが、皆さんもお飲みになるだろうカフェインです。一方、「睡眠系」を促進するのは、以前から用いられている一部の睡眠薬や、お酒(後で詳しくお話をします)などです。「GABA」という脳内物質の働きを強めるタイプです。

それから、「覚醒系」をブロックする薬剤として、花粉症などでは抗アレルギー剤である抗ヒスタミン薬を服用されることがあると思います。この薬を服用すると眠くなるのは、「覚醒系」に働くヒスタミンの働きを低下させるためです。さらに最近、「オレキシン」というものが筑波大学の柳沢正史教授によって発見されました。オレキシンの作用をブロックすれば、覚醒がブロックされるため眠ることになります。

もう一つ、「リズム系(体内時計)」ですが、これは「メラトニン」という脳内物質が司っています。このリズム系を促進する形で、睡眠に誘導していきます。

このように、われわれの睡眠覚醒のシステムがわかってきたことから、それに対する薬剤も多様に開発されています。

10分教養講座を動画で見る

睡眠は、年齢や季節とともに質と量が低下します。はたしてどのぐらい低下するのでしょうか?

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

テンミニッツTV

 

東京大学をはじめとする日本の大学教授や一流企業の経営者、特定分野の世界的権威である医師など、多分野の有識者が出演する教養メディア。1話10分で大人の教養を身につけられます。講義内容は動画だけでなくテキストでもご覧いただけます。https://10mtv.jp/

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ