1話10分で教養が身につく動画講座_抗老化2

健康・自立のためのアンチエイジングとは?医師が解説

公開日:2020/07/06

1
会員限定

「アンチエイジングについては情報が氾濫しているため、求められるのは健康に対する個々人のリテラシー」と話す、順天堂大学医学部大学院医学研究科教授の堀江重郎さん。医学・健康学から見て自立し続けるために必要なことを解説します。

健康・自立のためのアンチエイジングとは

男性よりも女性の健康リテラシーがアップしている

アンチエイジングというのは、抗老化、抗加齢という意味がありますけど、基本的には自立をしていきたい、と。その自立をするための医学・健康学がアンチエイジングだと思います。

ただ、今、アンチエイジングは情報が非常に氾濫していまして、それが闇雲に増えている状態になっています。これがだんだん整理されていけば、誰もが健康リテラシーを持つようになるでしょう。

面白いデータがあります。日本人の場合、女性はこの30年間ほどで肥満の人はどんどん減っている一方、男性は肥満の人がどんどん増えているそうです。女性は、毎日少なくともBSなどを見たりして、健康リテラシーをかなり入手して蓄えているけれども、男性は、そういうものを全然蓄えず、50年前とあんまり変らない生活をしているということです。

そういう意味で、自立をするということがこれからの高齢化社会ではすごく大事かと思います。

 

▼10分教養講座を動画で見る

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

テンミニッツTV

 

東京大学をはじめとする日本の大学教授や一流企業の経営者、特定分野の世界的権威である医師など、多分野の有識者が出演する教養メディア。1話10分で大人の教養を身につけられます。講義内容は動画だけでなくテキストでもご覧いただけます。https://10mtv.jp/

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ