紫外線をしっかり防ぎたい、でも厚塗りしたくない

厚塗り感ゼロ! 完璧な日焼け止めの塗り方を指南

藤井 優美

日差しの強さに伴い、気になる紫外線。きちんと日焼け止めで防御しているものの、秋を迎えるころにはやっぱり日焼けしていたり……。でも、厚塗りもしたくない。こんなお悩みも日焼け止めの塗り方で解決できるのです。ぜひ今日から実践してみてください。

【目次】
  1. 日焼け止めはたっぷり塗らないと効果がない?
  2. UVアイテムを何層にも薄く重ねて鉄壁の層に
  3. 日中のお手軽塗り直しで白肌を死守しましょう

日焼け止めはたっぷり塗らないと効果がない?

『紫外線をしっかり防ぎたいのですが、厚塗りすると暑苦しくて老けて見えてしまう気がして……』。

こんなお悩みをいただきました。これはみな皆さんが気にされていることですよね。紫外線によってシミやシワ、さらにはたるみなど肌老化の原因になってしまうのはもはや周知の事実。当然、紫外線から肌を守る日焼け止めは必須です。

しかし、いわゆる“日焼け”を起こすUV-B波をブロックするSPF値にしても、肌の奥まで入り込み、シワやたるみの原因となるUV-A波を防ぐPA値にしても、日焼け止め製品に記されているUV防御効果を出そうと思ったら、かなり多めに塗らなければなりません。

昨今は日焼け止めの質が格段と向上し、白浮きやベタつきはかなり抑えられていますが、汗ばむ夏に日焼け止めをたっぷりと塗るのはちょっとためらわれますよね。たとえ塗る量が規定よりも少なくても効果がまったく出せないわけではありませんが、意識としては、表示されている数値の半分ちょいくらいの効果かな、と思っているとちょうどいいかもしれません。

UVアイテムを何層にも薄く重ねて鉄壁の層に

では、紫外線から完璧に肌を守るにはどうしたらいいでしょうか? 答えは、UV防御効果のあるアイテムを薄くミルフィーユのように重ねていくのが正解。UVケア成功の秘訣は、“隙なく、まんべんなく塗られている” こと。これを1つのアイテムでやろうとすると厚塗りになってしまうので、日焼け止めや化粧下地、ファンデーションのUV防御効果を味方にしてしまうのです。

最近のベースアイテムはほぼほぼUV防御効果を兼ね備えていますし、ファンデーションの顔料には、紫外線散乱剤のように紫外線を跳ね返す効果がもともとあります。さすがに、すべてのUV防御の数値が単純に加算されていくわけではありませんが、単品でケアをするよりは確実にUVブロック効果を発揮できるというわけです。

しかし、ここで気を付けなければいけないのが、その重ね方。ポイントは、“あくまでも薄く、優しく塗布する”こと。人は見た目に変化がないと塗った気にならないことが多いのですが、明らかな変化は塗りすぎに。また、優しく重ねていかないと、先に塗った薄膜をこそげってしまう可能性があります。するとせっかくのUV防御効果が落ちてしまうのでご注意を。

日中のお手軽塗り直しで白肌を死守しましょう

鉄壁のUVを目指すなら、塗り直しも大切です。高UV防御効果の日焼け止めでも、汗やこすれなどで取れてしまいがち。日焼け止めの塗り直しは理想ですが、外出先でメイクを落とし、日焼け止めを塗り直すなんてことは現実的ではありませんよね。

でも、先に述べた「ファンデーションの顔料にも紫外線を跳ね返す効果がある」ということを思い出してください。日中のメイクリタッチのときに、汗をティッシュで抑え、ヨレた部分を指でならしてからファンデーションを。

特に紫外線を受けやすい頬骨上からこめかみにかけ、この部分は中心に重ねると、UV防御効果に加え、美肌印象に。

このとき、ファンデーションをブラシでつけるとつけすぎや厚塗りの心配がありません。また、UV防御効果のある透明のプレストパウダーを使うと厚塗り感を防げます。さらに、スプレータイプの日焼け止めを携帯し、メイクリタッチの前に取り入れるのもおすすめ。これなら髪や首筋など、全身の日焼け対策もできます。

紫外線照射量が多いこれからの季節、1つのアイテムで完璧に紫外線から防御しようと思わず、UV防御効果のあるアイテムの重ね塗りや日傘を使うなど、“重ね技”で肌を守ってください。9月いっぱいまで紫外線照射量はかなり多いということも肝に銘じてケアをしてみてくださいね。

 

撮影=中西裕人、ヘアメイク=小島けさき、モデル=菊池洋華

藤井 優美

ふじい・ゆうみ エステティシャンを経て、1992年よりフリーランスのエディター・として活動。美容雑誌『美的』は創刊時から携わり、現在は『MAQUIA』をはじめ多くの女性誌で、スキンケア、メイク、アンチエイジングなど、美容全般の企画、構成、執筆を担当。http://dis-moi.co.jp/

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ