体験者・土屋陽子さんのインタビューを公開

きくち体操の効果を実感!ひどい五十肩の痛みから解放

雑誌「ハルメク」

「ハルメク」で10年続く大人気連載「きくち体操」。何歳からでも取り組めて脳と体をつなげて生かす体操です。“奇跡の体操”とも呼ばれ、創始者の菊池和子さんのメッセージは実践者の健やかな心と体を育んでいます。今回は読者の土屋陽子さんをご紹介。

「毎日の散歩でも、おなかを引いて背すじを伸ばす 意 識 を 忘 れ ま せ ん 」と 土 屋 さ ん 。
【目次】
  1. ひどい五十肩が改善!「きくち体操」を 日常の動きにも取り入れています
  2. きくち体操関連記事をご紹介

ひどい五十肩が改善!「きくち体操」を 日常の動きにも取り入れています

 今回お話しいただいたのは、「きくち体操」を始めて4年という、読者の土屋陽子(68歳)さん。

きっかけは本誌の連載でした。

「63歳で退職して、改めて体をきちんと動かす習い事を始めたいと思って。連載で前から気になっていた『きくち体操』の講演会に参加して、『これだ!』と思ったんです」

「全身の細胞をくまなく生かし切って生を終える」。その考え方に共感した土屋さんは、週1回の教室に通い始めます。

それまでもラジオ体操や太極拳など、さまざまな体操に取り組んでいた土屋さんですが、「きくち体操」の「今動かしている部分だけではなく、そこへつながる筋肉の動きも感じ取りながら動かす」考え方に感銘を受けたそうです。

「例えば『腕を上げて体を横に倒す』という動きも、伸ばしている腕だけでなく、その下の脇や腰、さらには太ももの筋肉まで一緒に使えているんだ、とだんだん感じ取れるようになりました。そうして脳と体をつないで動かすと、より広い範囲の筋肉を深く使えて、普段使わない筋肉にもしっかり力がつくのがわかるんです。

こういう考え方は、これまで習ったどの体操でも教えてもらえなかったことでした」

 その成果か、長年悩まされていた五十肩の痛みからも解放され、はつらつと毎日を送る土屋さん。

日常生活でも、この「体への意識」は忘れないそうです。

「何もせずにいれば、筋肉が落ちていく年齢です。でも『きくち体操』なら、毎日その下降線を押し上げながら過ごしていける。そんな前
向きな気持ちになれました」

常に足の指を使えるよう、靴下も指ぬき


取材・文=新井理沙 撮影=元木みゆき ※この記事は、2016年11月号の「ハルメク」を再編集しています。

きくち体操関連記事をご紹介

きくち体操関連記事


きくち体操の基本のやり方をCHECK!

きくち体操DVD 徹底解説


毎月「きくち体操」の連載が読めるのは、雑誌「ハルメク」だけ! 菊池和子さんの解説と動きが、たっぷり詰まったフルカラーページ。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、50代以上の女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値がある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど、幅広い情報が満載。年間定期購読誌で自宅に直接配送します。https://magazine.halmek.co.jp/

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ